So-net無料ブログ作成

メイク用品とメイク道具を選ぶにあたっての重要点 [美容]

今日は、私・ぼんぼちが、メイク用品とメイク道具を選ぶにあたって重要としていることを綴らせていただきたいと思います。

先ず、メイク用品ーーー
アイシャドウは、マリークワントのパウダータイプを使っています。
理由は、第一に、色相・彩度・明度 いずれの方向性にも展開数が多く、必ず欲しい色が見つかるところです。
第二に、一色一色の面積が大きいので使いやすく、コンパクト容器にパレットの様に 選んだ色だけを詰められる方式になっている点です。
また、マリークワントは、無香料であることを強く謳っているメーカーではありませんが、鼻を近づけて匂いをかいでも、香料が使われていないと判るところも大きなポイントです。
香料というのは、かぶれ等 肌トラブルを起こす原因になるので、私は、香りのつけられている化粧品は買いません。

アイメイクに関しては、他に マスカラとアイライナーを使っています。
マスカラは、濃く長くつくタイプで ビューラーで持ち上げたまつ毛が下がらないものを、アイライナーは筆ペン式のものが くっきり濃く引けるし肌に対する摩擦が少ないので、両者ともメーカーには拘っていませんが、そういうものを使っています。

唇は、完全に無色で 艶度の高いグロスのみです。
私は、唇には、若干たりとも色をつけるのが嫌なのです。
そして、これも無香料であることに拘っています。
唇は粘膜で 特にかぶれやすい部位なので、「無香料」と表示されているか否かを必ず確認します。
私にとって必須のこれら三要素を満たしているのが、メンソレータム・リップフォンデュ 無色無香料という商品なので、唇に関してはこの商品だけを求め続けています。

私が使うメイク用品は以上です。
私は、ファンデーションもパウダーも頬紅もTゾーンのハイライトも そして日焼け止めクリームも一切つけません。
理由は、肌に負担がかかるからです。
あと、眉をいじるのも嫌いなので、整えたり描いたり等 全くしません。

メイク道具.JPG

次に、メイク道具で拘っているものの話に入りたいと思います。

私がメイク道具で最も拘っているのは、メイクブラシです。
舞台メイク専門店の三善で、10センチくらいある柄の長さの 上質な毛のブラシを、アイシャドウの色相別や 目のどの部分にどのくらいの広さ・幅で乗せるかによって、毛の太さ・長さ・分量・柔らかさ等、様々20本くらい所有しています。
理由は、圧倒的に使いやすいからです。
一般的な化粧品店で売られている コンパクト容器のアイシャドウに付いているブラシやチップは、短くて とても使いづらいです。
絵を描く時、3センチくらいのチビた鉛筆や筆で描くより 10センチくらいの長さのそれで描いたほうがよほど描きやすいでしょう?
それと同じ理屈です。
のみならず、アイシャドウ容器付属の短いブラシやチップは、毛の質が悪く チップは湿気を含んで不潔になりがちです。
のみならず、洗うとボロボロと壊れてしまいます。
三善のブラシは、柄が長く毛質が良いだけでなく 造りもしっかりしているので、何ヶ月かに一度、少量のぬるま湯にシャンプーを溶いた泡湯でトントンと洗い ぬるま湯ですすいで、長年使用することができます。

もう一つの拘りのメイク道具は、鏡です。
鏡は二つ用意します。
全身が映る いわゆる姿見の縁に 大きめの豆電球をぐるりとつけて、つける個数で明るさの調節のできる状態にしたものと 直径15センチくらいの手鏡です。
姿見の縁の豆電球を適度な明るさにし、その前で手鏡を持ってメイクします。

明る過ぎても塗った色が飛んで見えて 結果的に濃くなり過ぎてしまうし、暗過ぎても良く見えないために どう塗っているのか自分で判らなくなってしまいます。
稀に「鏡ならアイシャドウのコンパクトに付いているんだから、あれを使えばいいじゃない」という人がいらっしゃいますが、あれは小さ過ぎて 顔のほんの一部しか見えません。
メイクは、顔全体に対してのバランスを考慮した部分作りの作業なので、顔全体がゆうに映る大きさが必要です。
絵を描く時、画面全体を見ることができる状態にして描かないと、全体のバランスが判らなくなってしまうでしょう?
それと同じ理屈です。
メイクが仕上がったと思ったら、合わせ鏡をして斜めからも確認し、それから全身を映して服とのバランスを見ます。
初めて着る服の場合は、靴も履いてバッグも持って、近づいたり遠ざかったりして、特に念入りにバランス確認をします。

以上が、私・ぼんぼちの、メイク用品とメイク道具に於いて重要視していることです。
メイク用品に関しては、どういう顔 どういうイメージになりたいか、また肌体質も人それぞれ違うので、どれを選んでどれを選ばないか違ってきて当然だと思いますが、道具に関しては、メイクをする人全てに共通して言えることなので、もしもお気が向かれたら 試してみられてはいかがでしょうか?
メイク道具1.JPG


nice!(213)  コメント(46) 
共通テーマ:映画

美容室で失敗されないコツ [美容]

みなさんは美容室で、「えーーーっ!! 注文したのと全っっ然違う仕上がりにされちゃった! こんなの『私』とは言えないよっ!」と 憤りを覚えた経験はありませんか?
私は中学高校の頃は幾度となくそんな思いをし 泣き寝入りをしていたので、「どうしたら注文通りの仕上がりにしてもらえるのだろう?」と あれこれ熟考し 様々な試みをし その末に辿り着いた ぼんぼち流の「失敗をされないための注文の仕方・態度」があるので、今日はそれをお伝えしたいと思います。

先ず、カットでもパーマでもカラーでも、とにかく説明出来うる限りに事細かく注文します。
「ここは1センチ切って ここは3センチで」とか 「前髪はかけないで他はこの写真と同じ感じのパーマで」とか。
そして美容師が仕事を始めたら 鏡越しに睨みつける様にジーーーーッと手先を凝視します。
その時、カットなら、「ここは○センチでここは○センチで」と くり返し言い続けます。
パーマでもカラーでも 注文の旨を繰り返し言い続けます。
アシスタントが雑誌を持ってきても、一切 頁をめくりません。
膝の上に置かれたら、すぐさまテーブルの上に置きかえます。
施術と関係のない世間話をふられたら、「はい」とか「いいえ」とだけ無感情に返し、話のキャッチボールを拒みます。
つまり、「私はここに、自分の希望した髪型になるために来ているのであって、それ以外の目的はみぢんもありません!」という意思表示を 全身全霊で表すのです。

美容室.JPG

すると たいていの美容師は非常に緊張し、「好き勝手な事はせずに、この客の言った通りにしよう」という姿勢になります。
しかし稀に、襟足や後頭部など 仕上がってから合わせ鏡をしてみないと客から確認できない部分を、「ここ、~なってたので ~しときましたからー」と 注文と違う事をする美容師がいます。
そんな事をされた時には、「私、そんな注文しましたか?! なんで注文と違う事を勝手にするんですか?! えっ!? どうしてこんな事したんですかっ?! どうしてですかっっ?!!」と 店じゅうに響き渡る大声で厳しく意見します。
それが直せる施術であれば、美容師はすぐ直します。
切りすぎなどで取り返しのつかない事態の場合は、美容師がどれだけ謝ろうとも、以降 一切 一言も口をききません。
会計も無言でし、無言で店を出ます。
この時 美容師が、「勝手な事をして本当に申し訳ありませんでした。 次回からはご希望に添えるよう 心より努力いたします!」と 深々と頭を下げるのであれば、再びその店に行きますが、そういう反省の感情の見られない店なら 見限り 二度と行きません。
そして知人という知人に、「あの美容室は酷い店だから行くもんじゃないよ」と 注意を促します。

あくまで私の経験値からですが、女性の美容師のほうが、「お客の注文した事を忠実に再現しよう」という好意的な気持ちの人が多く 男性の美容師は、「何と注文されようが 自分の好みのスタイルに仕上げるんだ」といった プロ意識の欠落した人が多いと感じています。

美容室.JPG

美容師が自分の好きな事をやって許されるのは、コンテストやショーやカットモデル相手の時など、お客からお金をもらわない時だけです。
お客から「お金」を頂いてやる仕事は、客の指示通りにするのが 全ての職業に共通する基本中の基本であるのは言うまでもない事です。

「ミカンをください」と言う客に、「私はミカンは嫌いでリンゴが好きなので リンゴを包んでおきましたからー」という八百屋がいるでしょうか?
「頭が痛くて辛いのですが・・・・」という患者に、「私は消化器が得意なんだよ」と 胃薬を処方する医者がいるでしょうか?
平屋の家を注文したのに、「最近は二階建てが流行ってるから」と 勝手に二階建てを建てる建築士がいるでしょうか?

注文通りにしようと渾身の努力をしてもその通りにならなかったなら仕方がありませんが、最初から「客は~と言っているけど 自分は~が好きだから自分好みにしよう」という仕事をするのは、世に数多職業ありと言われる中で 美容師だけではないでしょうか?
一体何故、美容師業界は、この様な勘違い人間が少なくないのでしょうか?
専門学校の教育のせいでしょうか? 連綿と引きつげられる店長の傲慢気質のせいでしょうか?

否、何故かを追及するのは、今日のテーマから横ズレを起こすのでやめましょう。
とにもかくにも、私達客にとって大事なのは、「注文通りの髪型にしてもらう事」なのですから。
そのためには、上記した言動・態度をとるのが一番なのです。
つまり、美容師には寸分たりとも主導権を与えてはいけないのです。
美容室に行くという行為は、「自分のお金を使って自分の身体の一部を変える」重大な事なのです。
そんな重大な事に 他人の「意思」が入るなど、どう考えてみてもおかしな話なのです。

美容室.JPG

nice!(212)  コメント(51) 
共通テーマ:映画

乳液とフェイスマスクの裏ワザ [美容]

裏ワザ.jpg
真夏には、安売りのドラッグストアで 店の表の直射日光の当たる場所に積み上げられている基礎化粧品は絶対買いたくない と思うぼんぼちです。
何故って、熱で品質が劣化していそうな気がするから。
安くなっていなくとも、ちゃんと冷房の効いた店の中に在るものを求めむと 心がけています。

さて、話のマクラはこのくらいにして、さっそく今日の本題に入ることにします。

先ず、乳液についての裏ワザです。

みなさんは、乳液をどうやって塗っていますか?
「・・・・・どうやってって・・・・・片掌にポトリとウズラの玉子の黄身くらいの分量を出して、両手で掌いっぱいに伸ばして ピタピタピタピタってやってますよ」というかたが多いのではないでしょうか?
実は、この ピタピタピタピタという塗り方では、その乳液の持っている実力が充分に発揮できないのです。
ピタピタピタピタは、肌に対して ほぼ直角に乳液があたります。
したがって、肌の下に向いて開いている毛穴にまでは、入ってくれないのです。
ですから、乳液を両掌に広げたら、顎から頬の上部に向かって、ぐーーーっ ぐーーーっ ぐーーーっ と塗り上げるようにするのです。
これだけで、効果がだいぶ違ってきます。

裏ワザ1.jpg

次に、フェイスマスクについてです。

----男性は「フェイスマスクって一体なに?」というかたが殆どだとお察ししますので、簡単に説明しますと----
目と鼻の穴と口の部分に穴の開いた 顔の形をしたウエットティッシュのようなものです。
これに美容液が含ませてあって、顔に貼りつけ、5分くらいそのままにしておくことで 美容液が肌に浸透する というものです。
主に、風呂上りに使用し、その後に乳液を塗ります。

このフェイスマスク、どういう裏ワザかと言いますと、箱を上下逆さまにして保管しておく というものです。
これだけ。 ただ これだけのことです。
使う時は、箱をひっくり返して表側に付いているフタを開け、一枚取り出し フタを閉めたら又ひっくり返して裏側を上にして置いておきます。
こうすることのメリットは-----
店頭や倉庫に在庫されている時は、ほぼ100%に近い確率で 箱の上側を上にして保管されていると考えられます。
中身が箱詰めされてから使用するまで かなり長い期間 その状態で保管されている商品も少なくない筈です。
すると、マスクに含まれている美容液は沈殿し、一番下がたっぷりで 上にいくにしたがって少ない ということになります。
上下をそのままに使ってゆくと、必然的に、最初のほうは美容液少なめで 最後のほうはたっぷり という理屈になります。
ですから、買って帰ったら、即座に 上下を逆さにして保管しておけば、常に 美容液たっぷりのマスクを使用できる という訳です。

どちらも、手間のかからない 誰にでもできるちょっとした一工夫で、明らかに良い結果の得られる裏ワザなので、女性のみなさん 是非ともお試しくださいませ。

裏ワザ2.jpg

nice!(251)  コメント(43) 
共通テーマ:映画

ダイエットとリバウンド [美容]

みなさんは、ダイエットの経験はおありですか?
私は、中学三年の時 試みたことがあります。
身体は普通サイズだったのに 顔だけがおすもうさんのように太っていて、それが嫌で嫌で仕方がなかったので、ある時一念発起して 三食ともドレッシングをつけないサラダだけを食べることにしました。
元の体重は、44㎏でした。(身長は152㎝)
一ヶ月半で5キロ減り、39㎏になりました。
身体はガリガリのゴツゴツになりましたが、顔は少しも細くなりませんでした。
かんじんの顔は痩せないしサラダだけを食べ続けるのは精神的に限界だったので、止めて、食べたい物を食べ始めました。
すると三週間後には、52㎏になってしまいました。
つまり、13㎏リバウンドしたわけです。
顔は以前より太り、縦の長さより横幅のほうがあるのではないか というほどになってしまいました。
-----後、顔が痩せて人並みに小さくなったのは、40歳くらいになってからでした。

最近、「ダイエットでこんなに痩せました」という広告を よく目にします。
見違えるほど見事に別人のように変わっています。
しかし、それらの人は、その後 リバウンドしていないのか、気になります。

サラダ.jpg

nice!(297)  コメント(64) 
共通テーマ:映画

トラブルニキビ肌がつるすべ肌になるまでの経緯 [美容]

肌6.jpg

私・ぼんぼち、たいした顔はしていませんが お肌だけは自分で言うのも何ですが、つるっつるのすべっすべです。
接する多くの人達に「肌、綺麗だねー。エステとか行ってるの?」と言われます。
しかし、過去記事「サラダ嫌いになった理由」を読まれたかたはご存じのように、若かった頃---11才~38才くらいまで---は、酷いニキビとかぶれ等のトラブルに悩まされていました。
今日は、私が 最悪から最良の肌状態へと変わった経緯をリポートしたいと思います。

11才になった頃----
突然、顔じゅう隙間がないくらいに真っ赤にニキビができるようになりました。
一日に何度顔を洗ってもすぐにギトギトと脂が浮きだし 常に何カ所からか血膿が垂れ流れていました。
物心ついてからそれまでの間は 私のことを醜いと嘲笑するのは私の母親だけでしたが、周囲の他人や通りすがりの人達にも からかわれたり「気持ち悪い!」と声をあげられたり すれ違う時にギョッとされたりするようになりました。
私は、自分で鏡を見て辛いのと 多くの人から存在を否定された気持ちになったのとで、「このニキビをどんな努力をしてでも治してやるぞ!」と思いました。 

その頃よく食べていたのは、ステーキ ハンバーガー ピザ ドリア パフェ チョコレート 等です。
まだ小学生だったので 母親の決めたものを食べていました。
都立病院の皮膚科に通わせてもらい ビタミン剤を処方されましたが、肌状態は少しも改善しませんでした。
肌5.jpg
中学高校時代----
三度三度自分の意思で自分の決めたものを食べられる生活環境になったので、極力野菜を食べるようにしました。
昼食はドレッシングなしの野菜サラダだけのお弁当を作り 夕食にもたっぷりとサラダを付けました。
揚げものと肉の脂身は食べないようにしました。
ニキビを改善できると謳われているあらゆる基礎化粧品を試してみました。
毎日曜日や春夏冬の長期休み期間は、ファンデーションをべったりと塗り 少しでも目立たぬように努めました。
小学生の頃の「隙間がないほど」の酷さではなくなりましたが 「少し数が減った」くらいで、中学高校を通して クラスで一番のニキビ面でした。

高校卒業時から20代半ばまで----
この頃は仕事が眠る間もなく忙しかったので、肌ケアをする余裕はありませんでした。
食べ物は、買いに出る暇も作る暇もなかったので、殆ど毎日 玉子かけご飯をかきこんでいました。
ニキビの状態は相変わらず でした。

肌4.jpg
20代半ば過ぎ----
時間とお金の余裕を手に入れたので、徹底的に気合いを入れてニキビを撲滅しよう!と あらゆる手段を試すことにしました。
ある人が「これを飲むと治るよ」とハト麦の粉末をすすめてくれたので 飲むことにしました。
飲み始めて何日かすると、再び小学生の頃と同じくらいの隙間がないほどのニキビと脂と血膿におそわれてしまいました。
飲むのを止めて一年くらい経つと ハト麦の影響が抜けたのか、中高時代と同じくらいの状態に戻りました。

きちんと薬剤師の指導の元 漢方治療をすることにしました。
一日3回 丸薬をおちょこ一杯の蜂蜜で飲み 水分は一日360ml以下にする という方針のものでした。
月に3万もする漢方薬で 半年続けましたが、効果はまったくありませんでした。
自分の素顔を見るのも見られるのも嫌で、毎日ファンデーションをべったり塗って生活しました。

20代後半の時----
「鉱物由来の油が良くない」と聞き、ファンデーションを塗ったりパウダーをはたくのを金輪際止めることにしました。
基礎化粧品(洗顔石鹸と化粧水)は、自然食品の店で売られている手造りのものを求めました。
食事を和食中心にしました。
肉は殆ど食べずに 野菜と魚を主に摂るようにしました。
揚げものは一切口にしませんでした。
ニキビは顔の上半分にはできなくなり、あごや口の周りを中心に ぐちゃぐちゃっとした感じでできるようになりました。
この頃から 肌に別の異状が出現するようになりました。
目の周りやこめかみや口の周りなどの顔の一部 あるいは酷い時は顔全体と首の付け根までが真っ赤に痛痒くかぶれるようになったのです。
あらゆる皮膚科を周り治療を重ねましたが、どこの皮膚科でも すでに出来ているニキビやかぶれにつける薬はくれても 体質改善のようなできないようにする治療は施してくれませんでした。

肌3.jpg
30代前半----
20代後半の頃の食事に加え、毎日、人参のすりおろしを食べてみたり ブロッコリーを一株食べてみたり ゴーヤを山盛り食べてみたり 青汁スタンドに足を運びしぼりたての青汁を飲んでみたり という試みを次から次へとしましたが、 ニキビとかぶれの状態は変わりはありませんでした。

30代後半----
変わらぬ肌の状態に、病院を周ったり食べ物の努力をしたりすることに ほとほと疲れてしまいました。
「もう40も近いのだし、肌なんてどうなったっていい!これからの人生、我慢なんかしないで好きなものだけを好きなだけ食べてやろう!」と思いました。
豚足 豚バラ煮込み 酢豚 鶏足 ぼんじり 鳥皮 とんこつラーメン 坦々麺 菓子パン チャーハン 天ぷら フライドポテト・・・・・
長い間 食べたくても全く食べなかったり控えていたりしたものを 毎日ぞんぶんに頬張りました。
サラダは、日々食べ続けてきて見るのも嫌になっていたので 一切拒否しました。
温野菜と魚も あまり食べなくなりました。
ただし、ピーマン ししとう レンコン にんにく 香菜 カボチャ 穴子 サーモン は、好きなので食べ続けました。

40才を過ぎた頃----
私の顔を見て「肌、綺麗だね」と笑顔を向ける人が ぽつりぽつりと現れ始めました。
私の肌はいつの間にか ニキビもかぶれもない つるつるのすべすべになっていたのです。

肌2.jpg
54才の今現在----
私の肌は40代の頃よりも つるっつるのすべっすべです。
加えて 血色も良くなりました。
赤ん坊の頃は全身湿疹だらけだったそうで、物心ついてから11才までの間は いつも顔色が悪くてどす黒かったので、今が私の人生で一番 肌状態が良いと言えます。
ここまで最良な肌が私に訪れる日がくるとは 夢にも思いませんでした。
今も、30代後半の時に始めた「食べたいものだけを食べる」食生活を続けています。
基礎化粧品は、スーパーで売られている手頃な価格のものを一通り(洗顔フォーム+乳液+フェイスマスク)使っています。
メイクは、アイメイクオンリーです。

私自身は、長い間良くないと思い続けていた食べ物----特に、豚足 豚バラ 鶏足 ぼんぢり 鳥皮----が実は逆に良かったと自己分析していますが、あくまで専門家ではない者の個人的体験の考察なので 万人に「これがオススメです」とは断言できません。
もしかしたら、ストレスや年齢によるホルモンバランスという要因もあったのかも知れません。
が、私のこのリポートが、少しでも 今 肌トラブルで悩んでおられるかたの参考になれば 幸いです。
肌1.jpg

※3月4日のぼんぼちオフ会、基本 立食でやすが、椅子のご用意もございやす!
nice!(314)  コメント(63)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画