カメの散歩 [独り言]

ある雨の日ーーー
我が街・西荻窪のメインストリート、ピンクの象さんが吊るされているアーケードの端っこの方の、雨水がチョロチョロ流れる場所を、直径十五センチほどの黒いカメが、ノコノコと歩いていた。
私は「へっ?!」と思い、周囲を見回すと、カメのすぐ後ろに、おばさんとおばあさんの中間くらいの年代のご婦人が、カメを見守るがごとくに、ニコニコと立っておられた。
思わず「ペットですか? お散歩させてあげてるんですか?」と尋ねると、ご婦人はますますのニコニコ顔で「はい、そうなんです」と仰った。
私は、「あらあ、幸せなカメさんですねぇ」と、こちらもニコニコ顔になり、アーケードを抜け切り 帰路に着いた。

そういえば、以前、国立に住んでいた頃、大学通りという 緑道もあるメインストリート沿いに、サラブレッドを飼っているお宅があった。
馬小屋は、緑道に向けて建てられていたので、サラブレッドはいつも、舗道から 穏やかに顔を出していた。
前たてがみをオカッパのようにパッツンにされ、可愛がられているであろう事が よく伺えた。
そして時折、夜更けの車の少なくなった大学通りを、飼い主の男性がまたがり、ポコポコとお散歩させてもらっていた。

このように、稀に、ペットとしては目をむくほどではないが、一瞬 振り返らずにはおられない ありきたりではない散歩をさせている飼い主さんというのは、おられる。

しかし、私の遭遇などは、このかたに比べれば序の口も序の口、カッパの屁である。
フォークシンガーであり語りべでもある なぎら健一さんは、なんと!鯉を散歩させているおじさんに遭遇した、というのである!
出来事そのものも珍妙である上に、なぎらさんの語りっぷりが流石で、笑い転げてしまった。

なぎら健一さんの「鯉の散歩」の話し、YouTubeで聞けるので、もし、お時間とご興味のあるかたがいらしたら、聞いてみられると、珍・驚・楽 の感情で 溢れんばかりになるのは、必至である。
もしかしたら、「縄文土器」の話しと抱き合わせになっているかも知れないので、そのどちらかで検索をかけていただけると ヒットするとお察しする。

20220712_134424.jpg


nice!(255)  コメント(55) 
共通テーマ:映画

頼み込んでおいて、そのリアクションはないだろう? [独り言]

自称・映画好きという人に、「ぼんぼちさんの好きな映画って何ですか?」と問われたので、私の中のベスト1とベスト2を答えると、「わぁ!アタシ、それ二本とも観た事がないです。是非観たいです! DVD貸してもらえますか?観たいです!是非貸して下さい!」と頼まれたので、貸す事にした。
二本ともVHSからDVDに焼いた唯一無二の版だったので、本当は貸したくなかったけれど、余りに執拗に頼み込まれたので。

後日、その人は私に逢うなり、鞄から二枚のDVDを取り出し、不機嫌いっぱいといった表情と低いトーンで、「はいっ!観たから!観たからっ!」と、グーッと私に押し付ける様な仕草で返してきた。 まるでこちらが、「観て!」と無理強いした様な返し方だった。
それからすぐに、全く別の関係のない話しを始め、一切 私の貸した映画の話しには触れなかった。
観てみたら、その人好みの映画ではなかったという事なのだろうが、あれだけ頼み込んでおいて、人から大切な物を借りたのだから、「ありがとう。せっかくお借りしたけど、でも、私の好みとは合いませんでした」くらい言うのが礼儀というものではなかろうか?

20220526_082833.jpg

別の人に、「吉祥寺の小洒落たイタリアンに行きたいんです! ぼんぼちさん、連れてって下さいよ!小洒落たイタリアン、大好きなんです!連れてって下さいよー!」と頼まれた事もある。
私の家は吉祥寺から近いが、私は小洒落たイタリアンというものには興味がないので、吉祥寺の小洒落たイタリアンは一軒も知らず、ネットであれこれ調べたり、人に聞いたりして、「ここなら、この人が満足してくれるに違いない」という店を探し出した。

当日、カフェでコーヒーを飲み、「では、これから小洒落たイタリアンの店、行きましょう」と私が席を立つと、なんとその人は、「居酒屋行きたい!気取りのない居酒屋がいいっ! 居酒屋どこですか?」と強い口調で圧してきた。
私に頼み込んでいた「吉祥寺の小洒落たイタリアン」は何だったのだろう?!と、首を真横にするほど傾げないわけにはゆかなかった。
そしてその人は、「居酒屋どこー?居酒屋まだ着かないのー?」と、今度は頭の中をフル回転させて「気取りのない居酒屋」を探す私をせかし続けた。

20220526_082833.jpg

また別の人は、一緒に食事をしている時に、「ぼんぼちさんは、二十歳くらいの時って、何をなさってたんですか? 聞きたいなぁ。聞かせて下さいよ!」と、目を輝かせてきた。
私は、二十歳前後の頃は、楽しくもいい思い出もなんにもない生活だったので、「私の二十歳くらいの時の事なんて、聞いて楽しいもんじゃありませんよ」と口をつむった。
しかしその人は、「いやぁ、楽しくなかったら楽しくなかったでいいじゃありませんか! 聞きたいなぁ。知りたいなぁ。教えて下さいよ!」と粘るので、そこまでして知りたいのならーーーと、「画家をやって母親を養っていました。次から次へと注文が来て、毎日 十八時間描いていて、眠る時間も食べる時間もありませんでした。 高校時代の友人とは一切付き合いを絶たねばならず、、、」と打ち明けるや、その人は窓の外を見て、「あー、あの人、何してるんだろう?待ち合わせかな? 空、曇ってきたなー、、、」などと、私の話しを聞くのを、あからさまに途中から一方的にシャットアウトしてしまったのだ。

「聞かせて下さい!知りたいんだ!楽しい話しでなくたっていい!」と頼み込んでおいて、そのリアクションは何だ?!と、私はその人の無礼さに呆れ返った。

ここに挙げた三人と、今現在、友人付き合いをしていないのは、言うまでもない。
こんな、相手の負担や手間や気持ちを何一つ考えないで、自分のきまぐれで相手を振り回す人とは、人間関係を続けたくないからだ。
大人なら少しは、自分の発言に責任を持ち、相手の事を考えてのリアクションをするのが、常識ではないだろうか?
20220526_082833.jpg

nice!(247)  コメント(71) 
共通テーマ:映画

ぼんぼち還暦祝いパーティーを開いていただきました! [独り言]

20220717_095023.jpg

私・ぼんぼち、先日の6月16日に60才になったわけですが、我らがSSブロガー仲間のラガーマンさんが発起人となり、同SSブロガーのアルチューズさん、キックドライブさんにもお越しいただき、「ぼんぼち還暦祝いパーティー」を開いていただきました!

日にちは、ちょうど誕生日から1ヶ月経った7月16日、場所は、私もラガーマンさんも馴染みとしている高円寺の音楽カフェ・yummyさんでした。

私は、せっかくみなさんにお集まりいただくのだし、誕生日当日にyummyのマスターからタイガースのLPレコードをプレゼントしていただいていたので、この4名の方に、あっしが少し前にブログ記事にも「美味しい」と書いた「鮭の中骨缶詰め」を、お配りしようと持参してきました。

yummyさんに、次々と、みなさんが入店され、ラガーマンさんからは、缶入りの柿の種を、アルチューズさんからは、フルーツジェリーと大人可愛いハリネズミの小銭入れを、キックドライブさんからは、トムヤムクン味の揚げ餅と、そしてなんと!鮭の中骨缶詰めを2個いただきました。
しかもそのうちの1個は、私がみなさんにお配りしたのと全く同じ商品で、大爆笑のうちに、笑顔いっぱいでのパーティースタートとなりました。

前菜は、yummyさんにおまかせで、あとはアラカルトで、スペアリブやチーズ盛り合わせやポテトフライや焼きドライカレーなどを、いずれも美味しい美味しいとつまみつつ、各々が好きなドリンクを注文しました。
20220717_094940.jpg

そして、宴もたけなわとなった頃ーーー
yummyさんオリジナルの、ぼんぼちへのメッセージ入のお洒落なバースデーケーキ2種が運ばれてきました。
改めてみなさんとママさんに「おめでとう!」とお声掛けいただき、キャンドルをフーしました。
ーーーキャンドルをフーしたのなんて、何年ぶりだろう? と感無量となったと同時に、還暦を迎えたことを十二分に実感しました。
一つは、yummyさんにふだんからあるチーズケーキで、もう一つは、この日のために考案してくださったという、ブルーチーズとクルミとデーツの甘くないケーキでした。
これが最高に美味しかった!
ブルーチーズの香りが効いていて、クルミも相性良く、デーツという初めて出逢ったドライフルーツも、干し柿のような味と食感で、この二者にぴったりなお味でした。

楽しい時間ほどあっという間に過ぎてしまうもの、、、6時から飲んで食べて話しに花を咲かせているうちに、早くも9時過ぎとなりました。
ここで、yummyさんはお開き、アルチューズさんとキックドライブさんは、遅くまで高円寺にはいられない、ということで、駅前でサヨナラしました。

なので、ラガーマンさんと私は、高円寺駅南口のダングウッドという、仙人のようなマスターがお一人で営られているカラオケスナックに出向きました。
仙人マスターや他のお客さんと和気あいあい、しゃべったり歌ったりで、お店を後にしたのは12時過ぎでした。
仙人マスターは、出口までお見送りくださり、「また来てね〜!」と長くて白いヒゲを揺らしておられました。

ラガーマンさん始め、アルチューズさん、キックドライブさん、yummyさん、そして仙人マスターと一期一会のダングウッドのお客さん達、最上級の一夜を、ほんとにどうもありがとうございました!
おかげ様で、ぼんぼち、佳き記念となる還暦を迎えることができました!

20220717_094845.jpg

nice!(245)  コメント(99) 
共通テーマ:映画

勝手に脳内変換される言葉 [独り言]

子供の頃、旅行で 下呂温泉に行った事がある。
まだ小学生だった私は、吐瀉物のゲロを連想しないわけにいかなく、「なんて汚い温泉名を付けるのだろう?!」と 眉をひそめたものだった。 今思い返すと、その地域のかたには 大変失礼な話しだが。

中学で、スケルトンという英語を初めて知った時は、瞬時に脳内で「透ける豚」と変換されてしまった。
「透けてるからスケルで、でも何故 トンなのだろう?」と。
単なる偶然の一致なのだが、そう思わずにいられなかった。

一度目の結婚をしていた頃、テレビを観ていたら、群馬県に在る「殖蓮中学」というのが、ドキュメンタリー番組で出て来て、私は思わず「ウエハス中学〜〜!!」と 大爆笑してしまった。
隣で観ていた元ダンナも同じ連想をしたらしく、「サクサクしてそうだね」と笑った。
私が、「校章は、もぅあれしかないじゃん!」と笑い転げたら、元ダンナも、「そうそう、銀の足付きの器にアイスクリームがポコッて乗ってて、そこにウエハースが添えられてるの」と便乗した。

ブログを始めてまだそう経たない頃、私の写真記事に、「カレイドスコープみたいに綺麗ですね。 私、カレイドスコープって華麗どスコープって思っちゃいます。 だって、『ど』って強調するくらいに華麗だから」というコメントをいただいた事もある。
私も内心 感じていた事なので、「あっしもそう思ってやした!」と 迷わずお返事コメントを入れた。

先日、大好きな 元TBSテレビプロデューサーで後年は文士として活躍されていた 久世光彦さんのエッセイを読んでいたら、エロール・フリンという昔の役者を、久世さんはお若かった頃、「エロ〜る不倫」だとイメージせずにおれずに、「何ていやらしい名前の俳優がいるものだろう!」と 驚かれたと書かれていた。

このように、理屈では単なる偶然だと解っていても、勝手に頭の中で、自分の中の日本語の意味に置き換えてイメージが出来上がってしまう、というのは、多くの人にある様だ。
みなさんは、何かおありだろうか?
20220526_083006.jpg

nice!(250)  コメント(75) 
共通テーマ:映画

錦糸町のかっこいいオッサン [独り言]

ゆるい空気感が好きで、しばしば訪れている錦糸町ーーー

その日、私は、いつもの馴染みの中華料理屋さんが定休日なので、別の中華屋さんを探していた。
と、駅前通りに、私好みの、本場・中国人のかたが営っているに違いない 小皿料理の幾多ある中華屋さんを発見した。

「今日は、ここにしようかな? どうしようかな、、、」
私が店頭に立てられたメニューをはぐっていると、店内から五十代後半と思われる 一見 何の変哲もない普段着のオッサンが出て来た。
そして、メニューを前に立つ私をニ歩ほど行き過ぎ、背中を向けたまま立ち止まり、ポケットに両手を突っ込んで、首をほんの微かに、二十度ほどこちらに向けて、低く こうつぶやいた。
「この店、美味しいですよ」
言い了るや、私を振り返りもせずに、足早にスタスタと歩き去り 人混みに紛れて行った。

「おお!なんというかっこいいオッサンだろう!」
私は、余りに 粋で気取りない心遣いに感激してしまった。
さすが、パチ屋の多い町!
さすが、JRAで賑わう町!!
さすが、東の大阪と称される町!!!

無論、私がその中華屋さんに入店したのは、言うまでもない。
オッサンに偽り無しの、美味しさだった。

かっこいいオッサン!
またいつか錦糸町で、私が入る店に迷っていたら、あの日の様に さり気なく教えてくれ!
そうして、私はますます 錦糸町という町が好きになったのだった。

20220518_085519.jpg

nice!(242)  コメント(61) 
共通テーマ:映画

「不正・裏口・縁故は必要だ!」と言う人 [独り言]

私は人生に於いて、「不正・裏口・縁故」を使って世の中渡ってゆく事は絶対にしたくない人間で、事実、それらを何一つとして利用せずに、これまでの人生を歩んできた。
そしてこれからも変わらずに、それらに頼らずに生きてゆこうと固く決意している。
何故なら、何事も「私の実力だけ」で判断してほしいからだ。

私は長年、私と同じに考える人が、世の中の99.99%だと、漠然と信じてきた。
しかし、先日話しをした40才くらいの男性は、こう吐いていた。
「不正・裏口・縁故はあるべきだっ!」と。
私が余りの驚きに、「何故、そう考えるのですか?」と問うと、「俺、実力ねーし、かといって努力なんかしたくねーし、だから、そーいうもんの力を使って楽に生きていきたいわけよ」

私はその男性のことを以前から好意に思っていなかったが、この発言によって、徹底的に軽蔑しない訳にはゆかなかった。
世間で実際に、こんなさもしい思考者と出逢ってしまうとは、、、

私は自分がそうだからという理由から漠然と思い込んでいた訳だが、案外「不正・裏口・縁故」を嫌悪する人間というのは、意外と少ないのだろうか?
この記事をお読みのみなさんは、どうお考えであろうか?

20210819_191541.jpg

タグ:不正 裏口 縁故
nice!(236)  コメント(69) 
共通テーマ:映画

服屋でバイトをしていた時に、一番驚いたお客さん [独り言]

20220310_205513.jpg

私が通っていた高校はアルバイト厳禁だったので、全学生にとっての初アルバイトは、高三で進路が決定して 卒業試験も了り、あとは卒業式を待つだけ、という 二月頭から三月末までの二ヶ月間でした。
その初アルバイトで、私は服が大好きなので、迷わず服屋の店員のバイトを選びました。

私が選んだ服屋の店舗は、吉祥寺駅ビル内のロンロン(現・アトレ)で、今はお惣菜売り場となっている辺り一帯が、レディースの服や雑貨を売る店がひしめき合っていて、その中に在りました。

老若女女の色んなお客さんがみえましたが、一番驚愕したのは、こういうお客さんです。
ーーー店の外の通路で、自分のスカートを脱ぎ 売り物のスカートを試着するお客さん。
そういうお客さんは、一人や二人ではなく しばしばおられ、決まって五十代くらいで、何故だかコロコロに太った方でした。
自分が穿いているスカートを脱ぐ、、、つまり、下半身は、パンティスケスケのパンスト姿になるわけです。
ロンロンの通路は、駅の西口への抜け道にもなっているので、男性の方もひっきりなしに歩かれます。
そんな中で、「あっ、、、あの、お客様! 試着室が空いておりますので、どうぞ試着室でご試着ください」と促しても、まるで無視で 行動を続けるのです。

年月は過ぎ、私は今、五十代になっていますが、何度思い返しても、「いや、あれはないよなぁ」と 呆れるばかりです。

これが、初バイト、服屋の店員をやって、一番驚いたお客さんです。
みなさんはアルバイトをやっていて、一番驚いたことって、何ですか?

20220310_205447.jpg

nice!(226)  コメント(61) 
共通テーマ:映画

麻布十番は魅力充分! [独り言]

20220210_162911.jpg

今年から私事で、麻布十番に何ヶ月かに一、ニ度、訪れる用事が出来た。
私はこれまで、麻布十番に行った事がなく、「せっかくしばしば訪れる事になった街なのだから、愉しい寄り道が出来る街だといいな!」と、淡い期待を持った。

先日、初訪した日は、あいにく激しい土砂降りと寒さで散策どころではなく、用件がある場所を確認するや、「もう何処でもいいから時間調節の出来る場所を!」と、チェーン店系のコーヒーショップで妥協したのだった。

そして先日、二度目の用件の日ーーー
寒さもさほど厳しくなく 晴れ間も見えていたので、「これはチャンス!」と、早めに家を出た。

とにかく、用件のある場所からあまり離れず 迷子にならない範囲を、ぐるぐると歩いてみる。
坂と 米菓子などの甘くない和菓子店と 大手・個人両者のコーヒーショップと 敷居が高くなさそうでいながらも拘りの呑み屋が多い、という印象を受ける。

麻布十番といえば!の「豆源本店」を発見!
豆源本店で、親友へのバレンタインの贈り物を買おうと目論んでいたのだ。
しかし残念ながら、定休日なのか営っていなかった。

20220210_162911.jpg

と! 道を挟んだ向かい側に、何ともカラフルで可愛らしい店構えの店舗が見える。
「あげもちcocoro」という揚げ餅屋のようだ。
入ってみると、とても小さな店ながらも、様々な意匠を凝らした揚げ餅が、これもまた意匠を凝らしたパッケージに入れられて並べられている。
若い女性店員さんに聞くと、こちらの店はそう多数支店を出してはいないそうなので、「これは貴重な贈り物になるぞ!」と、この店で購入する事に決める。
どの箱にしようか 中身の味は何が良いかなど、店員さんは最上級の接客態度で対応してくださった。
「この店で購入して良かったな」と心から安堵して、あげもちcocoroを後にする。

用件まであと一時間半ほどになり そろそろお茶しようと考え、さきほど通った大通り沿いに「カフェ・ラクーン」という個人経営の喫茶店があったので、時間が来るまでそこで過ごす事にする。

カフェ・ラクーンは、改装こそされていて 内装は明るくピカピカだったが、明らかに、1970年代くらいから在ったであろう喫茶店だと 推測出来た。
カウンターにサイフォンが並んでいるところや 飾られている花がアレンジメントというより華道の生花っぽいところや 平日の昼間でありながらも常連さん達でほぼ満席に近くなっているところや ママさんがグレイッシュなヘアでとても気さくなところなどからーーー
ロイヤルジンジャーミルクティーというのを所望する。
ロイヤルミルクティーにジンジャーを加えただけなのだろうけれど、それだけで、私の大好物のチャイに非常に近い味わいと香りで、とても美味。
喫煙も可で、殆どのお客さんが紫煙をくゆらせていた。

用件を済ませ、今度は、先に巡った辺りより南の方に足を向けてみる。

「ハンガリー文化センター東京」という会場で 何やら写真展が開かれている様なので、入場してみる。
「キンスキ・イムレ」という 戦前から終戦の年まで生きておられたユダヤ系ハンガリー人の方の個展だと判る。
白黒ならではの想像力を掻き立てるクールな作品群で、殊 特徴的だったのは、安定させ過ぎない 実に心憎い 影を計算に入れた構図が何点もあった事である。
係りの女性の方が、一点一点の作品について、又 ハンガリーの特産食品や 次回はヘレンドの食器展が開催される事などを、大変丁寧に解説してくださった。 

20220210_162911.jpg

南の方の小道をもうぐるりと一周りして帰路につこうと歩をすすめるや、なんと!再び個人経営の喫茶店に遭遇!
しかも、外観も中を覗いてもセピア色!
見上げると、「西琲亜(セピア)」という看板が下がっていた。
一もニもなく扉を押す。
これぞ、私がこれまでの人生で最も多く寛いできた どこもかしこもセピア色で雑多な雰囲気の 懐かしさを覚えずにおれない喫茶店である。
この店の一推しであるらしい「レアチーズケーキとブレンドのセット」を注文する。
クリームチーズの味の前面に出たチーズケーキにはレモンスライスが乗っていて、レモンの酸味が程よくチーズケーキに移っていた。
コーヒーはペーパードリップ。
濃すぎず苦すぎず、飲みやすいタイプだった。
ここも喫煙可だったので、私がリトルシガーをマッチで以て着けて吸っていると、マッチをきっかけに、初老のマスターと会話が弾んだ。
話しの中で、マスターは、この店は1981年から営っている事 コーヒーの味には自信があるので創業以来一切味を変えていない事 跡継ぎがいないのでご自身が仕事が出来なくなったら閉店する事 麻布十番には意外と出店していない大手チェーン店が幾つもある事 南北線開通が予定よりずいぶん遅れ それまでこの街にはバスに乗り継いでしか来られなくてとても不便だった事、などなどなど、、、
帰り際に、「また来てね」と、静かに微笑んでくださった。

麻布十番は、充分に、否 十二分に、否 二十分に魅力溢るる街なんだな!と、清流の様に透んだ気持ちで駅の階段を下った。
こんなに素敵な街に、これからしばしば来る運びになったとは幸運である。

20220210_162911.jpg

nice!(237)  コメント(50) 
共通テーマ:映画

我が街・西荻窪の素敵な風習 [独り言]

私は西荻窪に住み始めて、二十一年になる。
生まれて初めて自らの意思で住み始めた街で、又、住んでみてから「ああ!こんなにも素敵な街だったのか!」と感嘆した事が幾つもある。

その中で殊に魅力に感じたのは、自宅で使っていた 食器や家具や、庭で採れた花やハーブを「よろしかったら ご自由にお持ちください」の札を立て、玄関前に置いてある家がそこいらじゅうに在る、という事である。
越して来てニ、三ヶ月目、最初の二軒くらいそれを見た時点では、「ずいぶん良心的な人がいるものだな」と微笑んだだけだったが、年月を重ねる毎に、それをやっているお宅が、あっちにもこっちにも在る事に 嬉しく驚いた。

この様な風習が、何故 根付いているかというと、西荻窪という街は、関東大震災の折に焼け出された下町の人達がごっそりと移り住んで、街の骨格が形成された街だから、に他ならないと察する。
下町ではないが、下町の人情・思いやりの精神が、被災者に運ばれて移り、根付き、連綿と受け継がれているのである。
私がそれ以前に長年住んでいた国立は、新興住宅街だったから、この様な家は、まず一軒も見なかった。

私はしばしば、自分の好みに合うグラスや皿などがあると、ありがたく、一つ二つ頂戴して来る。
昨年の冬至の日には、庭で採れた柚子を段ボール箱いっぱいに入れて、段ボールの札に「柚子湯にどうぞ!ご自由にお取り下さい!」というお宅があった。
私は一個いただき、鞄の中からペンを取り出し、段ボールの札の端に、「1コいただきました。ありがとうございます。」と書き残して来た。

20220202_160530.jpg

nice!(235)  コメント(82) 
共通テーマ:映画

ゆう子ちゃんの髪の毛 [独り言]

幼稚園時代、大の仲良しの女の子に ゆう子ちゃんという子がいた。
ゆう子ちゃんには、気心が知れて心を許せたというだけでなく、私はゆう子ちゃんに、ある憧れを抱いていた。

それはーーー
ゆう子ちゃんは、色素が薄く くるくるふわふわの天然パーマだったからである。
私は、カラスの様に真っ黒で ツンツンにまっすぐな直毛で、その事を幼心にも非常に劣等感に思っていた。
私と真逆の髪の毛を生まれながらにして持っているゆう子ちゃんは、なんて 儚げで可愛らしいのだろうーーーと。

私は何か理由をつけて、ゆう子ちゃんの 色の薄いふわふわの髪に触れてみたくて仕方がなかった。
しかし、その理由付けは、幼稚園児の私には思い付けずに、叶わぬ夢と了ってしまった。

今、ゆう子ちゃんは何処で何をしているのか まるで知る由もないが、色素が薄くてくるくるふわふわの天然パーマは、今以て 私の憧れであり続けている。

そういう髪の毛のかたを見ると、触れてみたい衝動にかられてしまう自分がいる。

20210819_194539.jpg

nice!(238)  コメント(59) 
共通テーマ:映画