62才を迎えて思うこと [独り言]

DSC_6297 (2)_1716857107960.jpg

私・ぼんぼち、6月16日に62才の誕生日を迎えました。
前回の記事では、みなさん、さっそくたくさんのお祝いコメントを、ありがとうございました!
さて、今日は、62という齢を迎え、私なりに思うことを、思いのままに書きつづりたいと思います。

先ず、最初に浮かんだのは、「わー!62才まで生きられちゃったよー!」ということです。
というのは、私の母もそのまた母も、50ちょっと過ぎで脳卒中で亡くなっており、このテの病いは遺伝が強い と、お医者様から聞いていたので、「私もおそらく、、、」との覚悟があったからです。
けれど、母やそのまた母より10年以上も生きて来られた!
嬉しい限りです!

次にーーー
このブログを長く読んでくださっている方はご存知のように、私は物心ついた頃から、母親に、「産みたくもねーのに勝手に産まれてきやがって!!」と、心身共にの虐待を受け続け、私のための人生を出発させられたのは、母親が死んでくれた27才の時からでした。
以来、私は、むさぼるように、疾走するように、生き急ぐように、やりたいことをやり、行きたい所へ行き、着たい物を着て、人生を謳歌して来ました。今、前述のに限らず突然の病いや、不慮の事故で死んだら、私の人生、一体何だんたんだろう?!ってことになる。運悪く、死神なんかの手にかかるものか!と祈りつつ。

そして、ブログを始め、吐露したかった過去を全て吐き出し、精神の膿を絞り出せ、ちょうど10年前の52才の時に、「あー!やりたいことを全部やっちゃったー!幸せー! もぅ、いつ死神がやって来ても悔いは無いー!」という状況に至ることが出来ました。

以来10年間ーーー
私の人生は、桃源郷に住まうが如くの最上級の幸せで満ち満ちています。
毎日毎日が、芳香を発散しながら咲き乱れるお花畑を軽々と駆けている心境です。

だから今はもぅ、いつ死神がやって来ても構わないのです。
ーーーでも、欲を言えば、、、
夏秋モノであと何回も着たい服が何着もあるので、秋までは生きていたいかな。
冬モノは着飽きたので、もぅ着なくてもいいです。
秋まで生きれば、「人生、十二分に愉しみ尽くしたので、みぢんも未練は無いよー!」という感じです。
DSC_6296 (2)_1716857325096.jpg

nice!(226)  コメント(66) 
共通テーマ:映画

口さがない人っているもんだ [独り言]

20231015_135818.jpg

何年か前、複数人でカラオケに行った時、その中に私と同い年の女性がいた。
みなが歌い了って、帰ろう!という段になると、彼女はツカツカと私の真正面に歩み寄り、顔を思い切り近づけ、怒りに満ち満ちた口調と表情で、こう発した。
「ぼんぼちさんが歌った曲、ぜんっぶ知らなかったっ!!」
「はぁ?それ、私が怒られる様な失礼な事ですか? 知らなかったら知らなかったで、ふつーに何気に『全部知らなかったー』って言えばいいだけの話しじゃないですか? それはアナタが歌をあまり知らなかったという事じゃないですか。私は大ヒット曲だって歌ったのに。 しかも、対等な立場で歌いに来たのであって、私がアナタのホステス役をやる義理など、何一つとしてないでしょうが」
そう言い返してやりたかったが、場の空気が悪くなるので、黙っていた。

20231015_135818.jpg
これも何年か前の事ーーー
「ぼんぼちさんって、ワタシと似た者同士だから、友達になってください!」と、初対面でいきなり急接近してきた 私よりワンジェネレーション下の女性と、「似た者同士と判断される論拠などどこにもないのに、変な人だな」と思いつつも、仕方がないので、友達付き合いをしていた。
何度目かに逢った時、彼女は何の脈絡もなく唐突に、「ぼんぼちさんって、規則を守らない人ですよねっ!!」と、声を飛ばしてきた。
そんな事を言われる根拠はどこにも見当たらなかったので、何故、彼女がそう思い込んでいるのか、不思議でならなかった。
私は、信号無視もせずに街を歩いているし、待ち合わせの時間には毎回きっちり待ち合わせ場所に着いているし。
逆に彼女の方が、いつも遅刻してきたり、居酒屋に行った時、私が店員さんに案内された席に座ろうとすると「店員の言うことなんか聞いちゃダメよ!」と、違う席に座ったり、会話の中でしじゅう、「アタシは70代になっても、履歴書に年齢を詐称して書いて、働き続けてやるっ!」と発言しているのに。
私が、呆れ顔でため息混じりに、「校則くらいは守らなかったけどね」と吐くと、
「ほら〜〜〜〜っ!!やっぱり、ぼんぼちさんって、規則を守らない人じゃないですかあーーーっ!!!」と、勝ち誇った調子で返して来た。
「じゃあ校則、アナタは守ってたの? 真夏の暑すぎる日にも、ブラウスの第一ボタンすら外さなかったというの? 同級生とハンバーガーショップに寄った事もないというの? 色付きのリップクリーム一つ着けたことがないというの? 校則を守らなかった生徒なんて、クラス50人中の2人くらいの、勉強だけがとりえのクソ真面目なガリ勉だけじゃないのよ。アナタはその2人だったというの?」と反論してやりたかったが、逆ギレされそうだったので、言葉をこらえた。
20231015_135818.jpg

カクテルラウンジでバイトをしていた30才くらいの時、よく来る中年男性の客に、「アンタさぁ、将来どういう生き方したいの?」と尋ねられたので、「結婚はしてみたいですけど、子供を産む気はありません」と答えると、その中年男性の客は、「子供なんて、猫でも豚でも産めるんだよっ!!アンタは豚以下だっっっ!!!」と、私を怒鳴りつけた。
客じゃなければ頭っから冷やタンの水をぶっかけてやるところだったが、どんな客も「お金を払ってくださるお客様」なので、唇をかんでうつむいてやり過ごした。

世の中にはこの様に、相手の気持ちをまるで考えないで、相手が不快に感じると解りきっている事を、ズケズケと言う人間がいる。
こういう口さがない人には、自分はなるまい、と、こういう人に出逢う度に心する自分である。
20231015_135747.jpg

nice!(252)  コメント(68) 
共通テーマ:映画

永久に来なかった打ち上げメンバー [独り言]

もう20年以上前のことになるが、私は、自分が住んでいる区の主催する「ビデオ編集のワークショップ」なるものに参加した経験がある。
確か、毎日曜日の開催で、約一ヶ月をかけての講習だった。

参加者は数人と少なく、映画好き・映像作り好きという共通の趣味も相まって、よって、私を含めた数人は、すぐに意気投合した。
そして、「じゃあ、全講習が了ったら、後日、みんなで居酒屋で打ち上げでもやりましょう!」という話しになった。

当日、決められた居酒屋に決められた時刻に行った。
中、一人だけ、何十分待っても来ない顔があった。
「○△さん、どうしたんだろ?」
「あの人、時間にルーズな人でしたっけ?」
「いや、講習には毎回、きっちり時間通りに来てましたよ」
「なんかあったのかな?」
「幹事さん、電話してみたら?」
「それがいいと思う。あの人、私達の中で一番年長だし、ちょっと気難しい感じだから、気楽な口調でヘラヘラッと」
「うん、そうだね」

幹事役の50才くらいの男性は、○△さんのケータイに電話をかけた。
「、、、、、、あ!もしもし〜、ビデオ編集のワークショップの参加者の打ち上げの時間が始まってるんですけどぉ〜、○△さん、今日、どうしちゃったんですかぁ〜?ハッハッハッ」

ケータイを通して聴こえてきたらしい声に、幹事さんの表情が一変した。
「えええっ?!!、、、、、あっ、、、あ、、、そうでしたか。、、、そっそっそれは御愁傷様です。、、、、では、、、失礼します、、、」
幹事さんは、黙って虚空を見つめた。
「えっ?何かあったの?」
「風邪で寝込んでるとか?」
「ケガしちゃったとか?」
「身内に不幸があったとか?」
「、、、、、、本人」
「???」
「へっ?」
「は?」
「えぇっ?!」
幹事さんは、焦点の合わない目で、私達一同を見渡し
「奥様らしき人が出てね、『主人は先日、脳卒中で亡くなりました。 今、葬式の最中です』って」
一同「えーーーーーーーっっっ!!!!!」

打ち上げが、一瞬にして、弔い酒となったのだった。

1713524393914_1713524432881.jpg

nice!(262)  コメント(65) 
共通テーマ:映画

優しく気遣いの行き届いたリーマンのお兄さん・2 [独り言]

DSC_0459_1712648557148.jpg

その日、私・ぼんぼちは、神保町の行きつけの喫茶店で、コーヒーを愉しんでいました。
が、近年、良くなっていたはずの花粉症が、若干、復活してしまって、片手で鼻先をつまみ、「ぐしゅ」「ぐしゅ」と、鼻水をすすりあげていました。

と、私の隣のテーブルのトイメンの位置に、三十代前半くらいのリーマンと思われるお兄さんが、掛けました。
お兄さんも花粉症らしく、ちょっと鼻をすすりながら、テーブルにポケットティッシュを出していました。

何分かしてーーー
突然、お兄さんがこちらを向き、ーーートイメンに座っているので、私と真正面から顔を合わせる形となりーーー「良かったら、使ってください!」、にこやかにポケットティッシュを差し出してくださったのです!
わ!見ず知らずの他人にこんなに笑顔で優しく気遣いの行き届いた言動をしてくださるなんて、何て出来た人だろう!しかも、イケメーン!!
私は、鼻水をすすりあげていたのを見られ聞かれていた恥ずかしさと、お兄さんの思いやりの心への嬉しさで、心がいっぱいになりました。
鼻水は、ティッシュを使うほどは出ていなかったので、「いえ、大丈夫です。ありがとうございます!ありがとうございます!」と、こちらも思いきりの笑顔で返しました。
お兄さんは、ティッシュを引っ込めつつ、やはり笑顔で、「花粉症の季節ですもんね」とおっしゃり、開いていたパソコンに向かれました。

あぁ、こういうリーマンのお兄さんって、会社でも、上司に忠実に仕事をこなし、部下には適切な指導をし、女性社員には全員、平等に優しくふるまうのだろうな!しっかし、モテるだろうな〜!と、想像しないわけにはゆきませんでした。

三十代のリーマンのお兄さんに具体的に気遣いの言動を取っていただいたのは、これで二度目です。
他にも、狭い路をゆずってくださったり、喫茶店の隣の席でタブレットをいじり始めると、うるさくないように声を落として会話をなさった二人組のかたなどなど、、、
三十代リーマンのかたは、人間的に出来たかたが多い様に感じている、今日この頃です。

DSC_0459_1712648557148.jpg

nice!(242)  コメント(52) 
共通テーマ:映画

ぼんぼち・人生の新章 [独り言]

DSC_0166_1707874310164.jpg

一月の演技のレッスンを最後にすっかり気が済んで、レッスンに通う事をやめた私・ぼんぼち、早くも次にやりたい事が浮上し、これからは、それに邁進したいと思っています。

それは何かというとーーー
「写真作品として完成度の高いセルフポートレートを月一のペースでアップする事」です。
なんだ、セルフポートレートなんて、今までも何枚も挙げてきたじゃん、って思われたかたも多いと察しますが、今までは、「もっと引きで撮りたいけど、これ以上引くとスマホの影が入っちゃうー」とか、部屋の場所によっては、薄暗ーい仕上がりになってしまって、それでも「まっ、いっか」と、イマイチ イマニ イマサンの、とても「作品」と言えるようなものではなく、単なる個人の記録レベルのセルフポートレートが多かったんです。
ーーー「作品」と自分で言えるのは、三枚くらい。
なのでこれからは、自分の中での合格レベルを厳しくして、「作品」と呼べるものだけを公開してゆこうと決めました。
そのために、スマホ自撮り時にスマホに装着するリング状のライトを購入しました。

何故、新章の課題がこれかというとーーー
ぼんぼちは、若い頃の写真って、殆どないんですよ。
若い頃は、顔中のニキビとブルドックさながらにたるんだ顔で、「こんな自分の顔、嫌っ!!!」と、泣きながら破り捨ててしまっていたんです。
遺してあるのは、画家時代、個展を開いた時に、作品とともに画商が写した記録写真だけ。
それに人間って誰しも、明日どうなるか判らないじゃないですか。
今日と同じ自分が明日も存在していられる保証なんて、どこにもない。
だから、ニキビ&ブルドックでなくなった今、「ぼんぼちが生きた証」を、自分なりの最上級の状態で、一枚でも多く遺しておきたいんです。

自撮りライト、まだ試していませんが、これまで公開したお粗末な数々よりは、間違いなくクオリティーの高いものが撮れるでしょう。
堂々と、「これは写真作品です!」と言えるセルフポートレートが撮れるように、頑張るぞっ!!!
DSC_0166_1707874310164.jpg

nice!(265)  コメント(58) 
共通テーマ:映画

もう一度、大阪に行きたかったけど [独り言]

大阪って、ぼんぼちにとっては聖地なんだよね。
何故かというと、ぼんぼちは、憂歌団や上田正樹さんらのナニワブルースが大好きだから。

で、三十代半ばに、憧れの大阪に行ったんだけどね。
それはもぅ、イメージと寸分たがわぬ良き地だったよ。
繁華街を流れる幾筋もの川、コリアンタウン、悲しい色をした海、、、

で、死ぬまでにもう一度、大阪に旅したいと思い続けてたんだけどね。
残念だけど、無理、、、、、
理由は、何日間も連続で一日中街を歩き回る体力がなくなってしまったから。
せっかく行ったなら、毎日、朝から晩まで遊びまわりたいじゃない?
でももぅ、とてもとても、、、

どのくらい体力がなくなってしまったかというと、都内の一時間以内で到着できる街に行って、二十分歩いて喫茶店に寄って、また二十分歩いて喫茶店で休憩して、また二十分歩いて早い時間から営ってる飲み屋さんでビール二本で終了。
次の日、ダウン。
ね、これじゃ、大阪行きは無理でしょ。

思ってたより早く、身体の老い、来ちゃったな。
五十代のうちに、大阪再訪しておけば良かったな。
今は、三十代の時に巡った 主にミナミの街街を、頭蓋の中で反芻して、「あー、満喫したなー」と目をつむるばかりだよ、、、、、

1706583182251_1706584510973.jpg


nice!(243)  コメント(65) 
共通テーマ:映画

「けっこう」は死語になりつつあるようだ [独り言]

私は喫茶店やカフェでコーヒーを飲む時はブラックで飲むので、一緒に持って来ていただいた砂糖とミルクはお断りしている。
その時、「いらないです」「大丈夫です」「けっこうです」のいずれかの言い方を使っているのだが、どうやら、最近の若い店員さんには「けっこうです」は、通じにくくなりつつあるのを感じている。

掌を押し出すアクションをしながら「けっこうです」
一瞬、戸惑った表情をされ
「、、、、? いらない、、、ですか?」
「、、、、あ、、大丈夫、、、ですか?」と。
「いらないです」や「大丈夫です」と言った時には すんなりと「はい!」と笑顔で盆に戻してくださる。

確かに「けっこう」という言葉はややこしい語ではある。
「けっこうなご趣味ですね」という時の様な「良い」「素晴らしい」という意味と、「いらない」という意味との二種類があるからである。
昭和人間の私は、「けっこうです」は、最も丁寧な断り方だと思っているのだが、今の若者には、通じなかったり、あるいは、冷たい突き放す様な印象を与えてしまう様だ、と、彼らのリアクションから読み取れる。

言葉は生き物なので、日々 変化をし続けている。
で、あるから、私はこれからは、店員さんが若い人だった場合は、「けっこうです」は使わずに、「いらないです」「大丈夫です」のどちらかを使って、若い店員さんとも円滑なコミニュケーションが取れる様にしようと考えている。

20240118_121250.jpg

nice!(251)  コメント(71) 
共通テーマ:映画

うざかったおっさんK氏が虹の橋を渡ってしまった [独り言]

飲み仲間だったK氏が、一月頭に 虹の橋を渡ってしまった。
癌だったという。
今の時代、癌は、必ずしも死に直結する病いではなくなったが、K氏はそれが理由で、虹の橋を渡ることとなってしまった。
私の記憶が間違っていなければ、二年ほど前から「身体の調子が良くない」と、私達とも、一人でも、飲みに行かなくなっていた。

K氏とは、我らがSSブロガーR氏を通じて知り合った人物だった。

逢う度に私に、「レズビアンの人にモテそうな感じー!」とか、「(カラオケで『恨み節』を歌うと)恨み節って感じー!」とか、「(お笑い芸人の)鳥居みゆきに似てるー!」とか、およそ褒め言葉とは縁遠い台詞をひっきりなしに次から次へとふっかけてきていた。
私は正直、よくもまあ、こうもヘンテコな形容ばかりを並べ立てることの出来る うざいおっさんだなあと、煙たく思っていた。

ある時、カラオケスナックで、隣にかけてきて、いつもとはぐっとトーンを下げて、「これから二人で抜け駆けしませんか?」と、耳打ちしてきた。
私はあのヘンテコなマシンガントークは口説き文句だったのだと、初めて解した。
私が断った直後も後日も、ヘンテコなマシンガントークはひっきりなしに続いた。

R氏によると、K氏は、女性とあらば口説きまくる人物で、真剣に結婚を考えていた本命さんもいたという。

そのK氏がいなくなってしまった、、、、、

新年会の折りにR氏からK氏の訃報を聞かされた時は、余りにあっけない虹渡りだったので、言葉が出なかった。

そして、私の内には、あんなにうざいと感じていたK氏の口説き文句が、他愛もない愛嬌に満ちた語々へと、くるりと反転した。

新年会の後、行きつけの音楽カフェで、R氏と他のSSブログ仲間と弔い酒を交わしたが、今夜は改めて、私一人、家でK氏に献杯したい。

K氏よ!虹の橋の向こうでも、日々、ありとあらゆる女性に あのヘンテコな口説き文句で口説きまくってくれ!!
20240117_131853.jpg

nice!(259)  コメント(55) 
共通テーマ:映画

年始のご挨拶 [独り言]

20231027_130742.jpg

みなさん、あけましておめでとうございやす!
昨年は、あっし・ぼんぼちぼちぼちにとりやして、今まで生きてきた中で一番幸せな年をなりやした。
今年も、今回のブログからOPENさせていただき、この幸せが続く限り続いたらいいな!と思っている次第でやす。
みなさんにも、幸多き2024年となりやすよう!



nice!(235)  コメント(89) 
共通テーマ:映画

年末のご挨拶 [独り言]

20231027_131029.jpg

みなさん、今年も ぼんぼちぼちぼちブログ「冷たい廊下」に閲覧・コメントくださり、誠にありがとうございやした。
おかげさまで、つつがなく2023年もブログを書き了えることができやした。
みなさんには、感謝の気持ちでいっぱいでやす。

当ブログ、今年は今回をもちやしてcloseさせていただきやす。
みなさん、良いお年をでやす!



nice!(201)  コメント(62) 
共通テーマ:映画