たくさんの抜き型 [写真]

20201008_185956.jpg

手前のボウルの中のが、クッキーや煮物の野菜を型抜きする型で、奥のボウルのは何に使うのか判らないステンレスの小さな厨房道具でやす。
近所の喫茶店の表で売られているのを撮らせていただきやした。
観た瞬間、「これは極端な白黒ハイコントラストで抽象画のように加工すると、間違いなくキマる!」と確信し、そのような加工をしたら、脳内シュミレーションした通りの仕上りと成りやした。
これが抜き型や厨房道具だと具体的に判ろうという解釈ではなしに、単なる図案や抽象画のバランスを愉しむ観点から観ていただけると幸いでやす。

抜き型、実に様々なモチーフがありやすね。
梅 桜 紅葉 イチョウ 星 ハート 猫 犬 等々々、、、
今はいなくなってしまいやしたが、渋谷の駅からそう遠くない所に在るカフェに、看板山羊がいた期間があって、その頃は、レジの横で山羊型のクッキーが売られてやした。
あっしは「へえ!山羊型の抜き型なんてのもあるんだ!」と驚かずにはおれやせんでやした。
もしかしたら、山羊型は流石に既製品では無くて、かっぱ橋道具街の専門店で特注された物だったのかも知れやせんが。


nice!(241)  コメント(56) 
共通テーマ:映画

お洒落マスクいろいろ・その2 [ファッション]

マスクがすっかりファッションアイテムの一つとして定着した私・ぼんぼち、2020.6.17に公開した過去記事「お洒落マスクいろいろ」にて、「先ずは、これだけの種類を揃えておけば、ワードローブのどんな服にも合わせられる」と購入した12種類のマスクをお披露目しました。
そして、その後は、「より完成度の高いコーディネートの出来るマスク」を探し、またあちこちで入手したので、今日は「お洒落マスクいろいろ・その2」として、それらのマスクをお披露目させていただきたく思います。


①サーモンピンク地に臙脂色の麻の葉柄
「お洒落マスクいろいろ」で、レース生地のサーモンピンクのマスクを公開していますが、買ってみてから、サーモンピンクは自分にとって、非常に着用率が高いと解ったので、同じサーモンピンクで、雰囲気の全く違う 直線で構成された麻の葉柄のを購入しました。
麻の葉柄は、日本の古典的な柄の一つですが、このような色であるため、和風柄の服でなくとも違和感なく合うので、主に 紅色と黒の細かいチェックのヴィンテージのワンピースに合わせようと考えています。
購入先は、三鷹市が営っている手作り小物の店です。
20201016_164708.jpg


②黒地に白い曲線柄
漢字を元に起こされたのかな?とも思われる 抽象的な白い曲線柄。
とても大きな柄なので、インパクトも大です。
黒のフルレングスのスカートに和柄のTシャツなど、アヴァンギャルドな強い印象の服に合わせようと目論んでいます。
購入先は、手作り通販サイトminneです。
20201016_164743.jpg


③淡い黄色地に菊の花
このマスクは、①と同じ三鷹市の手作り小物店で見つけたのですが、目にした瞬間「あっ!これは、お気に入りの黄色地に鶴が描かれているTシャツにバッチリだ!」と 迷わず購入を決めました。
葉の色が、補色の薄紫であるところも、品良く美しくまとまっています。
20201016_164814.jpg


④水色の入ったエスニック調
これはどこの国の生地かは解りませんが、ざっくりと織られたエスニック調のもの。
黒地に様々な色のグアテマラの刺繍のワンピースや 水色と赤の入ったアーティスティックなTシャツに合わせる予定です。
購入先は、minneです。
2枚組みで出品されていたので、同じ生地の微妙に違う柄ゆきのが、もう1枚届きました。
20201016_164841.jpg


⑤黒地にベージュの家紋
和柄の服には勿論、丸は月の形でもあるので 黒いベルベットのワンピースに大きな金色の三日月のブローチを着けたコーディネートにもぴったりだと脳内シュミレーションしています。
サイズが小さめで、身体も顔も小さな私に オーダーメイドしたようにぴったりジャストサイズの1枚です。
購入先はminneです。
20201016_164906.jpg


⑥赤紫に赤の英字
冬になると 赤紫色のモヘアのセーターを着るので、それに合せる用に求めました。
コートの前ボタンを開けて縦長に覗くセーターと コートのフードの折り返しの所には英字の書かれたピンバッジをたくさん着けるので、2つの部分で呼応してくれます。
購入先は、三鷹市の手作り小物店です。
20201016_164934.jpg


⑦様々な蓋の柄
折り重なる色々な種類の蓋のプリントが何とも楽しい1枚。
フードの折り返しにピンバッジをたくさん着けたコートに「これこそバッチリ!」と 迷わず購入しました。
このマスクを着ける時は、コートの中に着るアイテムは無地でいこうと決めています。そうしないとごちゃごちゃになり過ぎて、コーディネートの中でどこを最も押し出したいのかが、逆に淀んでしまうので。
購入先は、minneです。
20201016_165003.jpg


⑧豹柄
豹柄のTシャツと合せるために「豹柄のマスクが見つかればベスト!」と考えていた矢先、新宿のケラショップ(ケラ!という青文字系ファッション雑誌で紹介されている商品を扱うブランドが多数出店している店)で遭遇しました。
豹柄にも、色合いや柄の大きさやリアル度など様々ありますが、偶然にも 手持ちのTシャツととてもよく似た色合い柄ゆきで、ラッキーでした。
20201016_165034.jpg


⑨黒地に安全ピンのプリントにピンバッジ
これも新宿のケラショップで見つけ、速 購入したものです。
安全ピンは、黒の無地に本物をバランスよく着けようかと思案していたさなか、プリントされたものがケラショップにあったので、思わず小躍りしてしまいました。
着けてみると意外と控え目な雰囲気だったので、コートに着けたピンバッジの余っていた中で最も相応しい色と柄のを1個を着けて、私の中での完成品としました。
勿論、ピンバッジいっぱいのコートに合わせます。
20201016_165059.jpg


⑩ブルーグリーンの花柄
ブルーとグリーンの中間くらいの色合いも クラシックな花柄も非常に品の良い1枚。
これもminneで求めたものですが、作家さんの解説によると、ウィリアム・モリスの生地なのだそうで、さすがの感性!と唸ってしまいました。
ブルーとグリーンの柄の50Sのワンピースに合せようと購入しましたが、薄墨色のワンピースにも合うこと間違いなしだと踏んでいます。
又、今 私の髪の色はレッドなので、着けみたら補色の効果で 予想以上に映えてくれました。
20201016_165126.jpg


⑪淡い黄色地のエスニック調
黒地に黄色と紅色とブルーの曲調の刺繍の入ったエスニック調のワンピースに合せる用に求めました。
遭遇したのは、三鷹市の手作り小物店です。
左右非対称の柄ゆきや 地の淡い黄色と臙脂色の相性の良いところも気に入っています。
20201016_165151.jpg


⑫黒地に蜘蛛の巣とサソリ柄
とにかくゴスっぽい雰囲気のものも1枚欲しいと探していたら、これがminneで見つかりました。
白い四角がぱっと目を引くので、黒地で丈の長い袖の折り返し部分だけが白いワンピースと合せることにしました。
左右ともに袖口の1箇所が90度に切れ目が入っているので、白い四角と呼応してくれて、そのワンピース用にあつらえたようにぴったりです。
20201016_165216.jpg


⑬カーキ色地に古地図柄
20年間愛し続けているボロチリに年季の入ったモッズコートに合せる用に求めました。
柄が古地図であるために、物理的には新品で清潔なマスクも、ボロチリのモッズコートにしっくり馴染んでくれます。
購入先は、これも三鷹市の手作り小物店です。
三鷹市手作り小物店は、意外にも 洒落た掘り出し物が多数見つかります。
20201016_165244.jpg


⑭紅色とブルーグレーの曲線柄
私は春秋に、臙脂色のワンピースを着るのですが、臙脂色というのは秋のイメージが強いので、春先に着るために、爽やかさのあるこのマスクと合わせようと思いました。
左右非対称の柄ゆきがとても粋で、又 私のレッドの髪色とも非常にしっくり馴染んでくれます。
購入先は、minneです。
20201016_165312.jpg


⑮濃紺色地に和文字広告柄
二昔前の和文字広告柄がユニークな1枚。
これも、ピンバッジをたくさん着けたコートに合わせようと購入しました。
又、漢字がびっしりとプリントされた無彩色のTシャツにも合うこと必至です。
購入先は、minneです。
白いプリントの中にほんの少し赤いプリントも入っているので、赤い髪色に呼応もしてくれます。
20201016_165338.jpg


⑯黒地に彼岸花柄
過去記事「秋のお彼岸のセルフポートレート」で着けていたマスクです。
あの写真で着ていた彼岸花柄のワンピースの他にも、黒地に赤い刺繍のエスニック調のワンピースや 脱色で黒と肌色のだんだらに加工され赤いドラゴンのプリントされたトレーナーにもぴったりなので、それらにも合わせています。
セルフポートレートではよく見えませんでしたが、ゴム紐が赤いところも デザインとして抜かりがないですね。
購入先は、ケラショップです。
20201016_165406.jpg



以上の16種類が、「お洒落マスクいろいろ」以降に買い足した マスク一覧です。
「お洒落マスクいろいろ」では12種類お披露目しているので、私の手持ちのお洒落マスクはこれで28種類となりました。
28種類を見い出すとなると、物色した数は相当数になるわけですが、その中には、マスク単体で見ると最高に素敵!と思えるものでも、自分の肌色や髪色やイメージに合わないとか 手持ちの服に合いそうな服が一着もない またはこれからも合いそうな服を買うことはまずない、と判断したマスクは購入しませんでした。
これだけお洒落マスクが揃うと、非常に完成度の高いコーディネートが楽しめるので、気分も最高です。
私の心身にぴったりなマスクを提供してくださった 作家さんデザイナーさん、ほんとうにありがとうございました。
ぼんぼちのマスク探しの旅は、ここで打ち止めにしようと思っています。
でも、どこかで「これこそ私の心身にパズルが嵌まるようにぴったり!」と感じるマスクに出逢ったら、また買ってしまうとは思います。


nice!(242)  コメント(87) 
共通テーマ:映画

軒に下げられたビニールカーテン [写真]

20201008_185447.jpg

もう営っていないシャッターの降ろされた古い商店に取り残された 幌とビニールカーテン。
ビニールカーテンの内側に入り込み、外に向かってスマホのシャッターを押しやした。
撮った時点では全体にどんよりしていたのを、外からの光はより明るく 影の部分はより暗くと、コントラストを強める加工を施しやした。
あっしなりにでやすが、とてもお気に入りの1枚と成りやした。
この写真を観て何を感じられるかは、みなさんにゆだねやす。

昔は埃よけのために あちこちの商店の軒に下げられていたビニールカーテン。
今の時代になって、しかもこんな目的で大活用されるとは、去年までは 誰も想像だにしなかったでやすよね。

そういえば先日、神保町の小さな映画館の券売カウンターで、かなりご年配の男性が、下げられたビニールカーテンを捲り上げて 自分の着けているマスクを顎まで下げて、「シニア1枚」とかって言ってやした。
いや、それは、二重に宜しくないでやしょ!何の為のビニールカーテンとマスクか解っていないのでやすか!?と 心の中で叫んでしまいやした。


nice!(231)  コメント(55) 
共通テーマ:映画

人生の重要順位 [独り言]

みなさんは、仕事は別枠として、人生の重要順位ってありますか?
おありだとしたら、それは どの様な事ですか?

私・ぼんぼちは、以下が 人生の重要順位ベスト5です。
1 美容&ファッションへの投球
2 ブログ活動
3 映画鑑賞
4 カラオケを愉しむ事
5 喫茶店でくつろぐ事

1の「美容&ファッションへの投球」は、趣味や愉しみといったお気楽な軽いレベルではなく、はっきり言って、私にとっては命よりも大事な事です。
美容&ファッションへの全力投球が出来なくなると、私の精神は死んでしまいます。
事実、それが出来なかった期間、私の精神は死んでおり、何故 肉体的な死に自分を追い込まなかったかというと、「必ずや いつか明るい未来が来る筈だ!」と信じ、唇を噛みしめて耐え忍んで来たからです。
人間は、半分は肉体で出来ていますが、後の半分は精神で成り立っています。
齢58となった今、これからは、精神が生きる事が出来なくなったとしたら、肉体だけで生きていたいとは思いません。もう耐え忍ぶエネルギーもありませんし、落ちたら復活できる見込みもありません。
私の生は今、美容&ファッションをこのペースで邁進する事で保たれています。

20201008_192350.jpg

2の「ブログ活動」ですが、私は、子供の頃や若い頃、自分の思っている事や好きな事を発言するのを許されない状況下に生きていたので、ブログを通して、それ迄の人生で言えなかった 溜まりに溜まっていた事を吐露したかった というのが、ブログを始めた目的でした。
そして、ブログを始めて10年以上となった今、どうしても吐露したかった事は全て吐露しきったので、今現在は余裕を持ってブログ活動をしてはいますが、でもやはり、趣味というのとはだいぶ違う もっと重きを置いた「生き甲斐」といったスタンスでしょうか。
もしも 今後、何らかの理由でブログ活動が出来なくなっても 私は精神的に死なないとは思いますが、クラゲの様に腑抜けになってしまうのは必至です。

3の「映画鑑賞」。
ここから以降は、完全に趣味と言い切れる 愉しみ・ストレス発散の範囲になります。
ブログの過去記事にも何度も綴ってきましたが、私は40才前後の頃に映画と演劇の理論と実技を プロの先生に従いて勉強していました。
これは決して、活動屋や演劇人を目指していたのではなく、より映画・演劇を深く鑑賞・堪能したかったからです。
昔の趣味人(芝居といえば歌舞伎が芝居だった時代の人)は、自身がより芝居を愉しめるようになる為に、踊りやお三味線をお習いしていましたね。それと全く同じ理屈です。
映画と演劇を並行して勉強していた私は、ある時点で「ああ、自分は、舞台よりも映像という表現手段の方が嗜好に合っている」と気づいたので、演劇もまるで観に行かなくなった訳ではありませんが、映画の方を、積極的に愉しみに出向いている という訳です。

4の「カラオケを愉しむ事」は、これはもう完璧に 自己満足・下手の横好き の世界です。
歌は、演技のレッスンの一科目としてしかお習いした事がなく、つまり、演劇の発声法と表現力だけは身につけましたが、音程やリズムは 聴こう聴きまねで、けれど、3分間で一つの世界を一人で構築出来るという事に、得も言われぬ快感を覚えるのです。
私は何か作品を作るにあたって、複数人で一つの作品を作るのは、譲ったり我慢したりもせねばならず、それを多大なストレスと感ずるので、下手っぴでも何でも たった一人で一つの世界を作りあげるのが、性に合い 心地良いのです。

20201008_192350.jpg

5の「喫茶店でくつろぐ事」は、私は中学一年から 家庭教師が来る日以外は、一店ないしは二店三店と 毎日違う喫茶店の扉を押してきている 永年の喫茶店マニアである訳ですが、当時はもっと 重要順位が高かったのです。
それが何故、この順位に下がってしまったかというと、「色んな喫茶店に行きたい!」という気持ちは熱くあっても、喫茶店の方が街街から激減してしまったので、物理的に上位になるのは不可能になってしまったのです。
私が中高生時代は、どの街にも四店五店と喫茶店があったのに、今では味気ない大手チェーン店のコーヒーショップしかない街も少なくありません。
今は、年始と酷く体調が悪い時以外は、毎日一店から三店の喫茶店に行っているので、頻度としては むしろ上がってはいるのですが、遠征派ではなく馴染みの街を巡る派というのもあり、今、私がくつろいでいる喫茶店は、よく行く街の ほんの10店舗ほどになっています。
けれど逆に、限られた店に足繁く通う事となり、お店のかたに、顔は勿論 ブラックで飲む事や好きな席を覚えていただけたりと、密な関係になれつつあるのが、嬉しくはあります。

以上が、私・ぼんぼちの、人生の重要順位とその理由です。
みなさんも、人生の重要順位、おありのかたもそうでないかたも、それにまつわるお話し、聞かせていただけると 嬉しゅうございます。

20201008_192350.jpg

nice!(229)  コメント(79) 
共通テーマ:映画

昔のアメリカっぽい飲食店の外壁 [写真]

20200909_161100.jpg

御茶ノ水と神保町の間の坂の辺りで遭遇した 昔のアメリカっぽい飲食店の外観。
徹底してオールドアメリカーン!な所に惹かれて、迷わず撮りおさめやした。
加工は、ヴィンテージ加工をして、より昔っぽさが出るようにしやした。

みなさんは、昔のアメリカというと、何が真っ先に思い浮かびやすか!
ジャズ? ミュージカル? ハンバーガー? カウボーイ?
あっしは、チリビーンズが浮かびやす。
チリビーンズ、大人になってから紀ノ国屋で缶を見つけて、温めて食べて、「ただ缶から出して温めただけなのに何て美味しい食べ物なんだろう!」と しばらくハマってビールのお供にし、その食べ方に飽きると、刻んだ玉ねぎやピーマンやシシトウを加えたり、タバスコをかけたりパルメザンチーズを振りかけたりと、色んなアレンジをして楽しみやした。

この店にもチリビーンズ、ありそうだなあ、、、
実際のところはどうなんだろう?
魅力を感じる外観なので、一度は入ってみたいと思っている店でやす。


nice!(234)  コメント(70) 
共通テーマ:映画

生ピーマンとひき肉のマヨネーズ和え [料理・ソフトドリンクス]

20201008_152949.jpg

今日は、ピーマン好きの私・ぼんぼちの、あっという間に作れて 応用範囲も広い、お気に入りの一品のレシピを紹介させていただきます。

先ず、ひき肉を炒めてそぼろ状にします。
(私は豚肉が好きなので、豚ひき肉で作りますが、お好みで何のひき肉でも良いと思います。)
炒めたひき肉は、ボウルに移し、冷ましておきます。

次に、ピーマンをみじん切りにします。
私はピーマンが大好きなので、ひき肉と同量くらいのピーマンを使いますが、ここも お好みの配分で構わないと思います。

ボウルのひき肉が充分に冷めている事を確認したら(※ここ重要です! 何故なら、ひき肉が充分に冷めきっていないと、熱で生ピーマンが半煮え状態になって、シャキシャキの歯ごたえとピリリとした辛さが弱まってしまうからです。)みじん切りにしたピーマンとマヨネーズと塩・コショウを投入します。
ここもお好みで、コショウをクレイジーペッパーにしたり、カレー粉を加えたり、チリペッパーでピリッとさせたり、クミンパウダーでエスニック色を強めても良いでしょう。
又、隠し味に、しょう油やウースターソースやシーズニングソースをちょろりと垂らしても、味に奥深さが出るかと思います。

これらの材料および調味料を混ぜ混ぜしたら、はい!出来上がりです!!

トーストに乗せても、サンドイッチに挟んでも、スライスバゲッドやクラッカーにトッピングしてカナッペにしても、白飯に乗っけても、又、単なるおかずの一皿としてスプーンでパクパク頬張ってもイケる一品です。

「こういう料理なら、もう昔から作ってるよ〜」というかたもおられるかも知れませんが、未体験のかたは、もしもお気が向かれたら、一度試してみられて損はないのではないか、とお察しします。
生ピーマン好きなら間違いなくハマる、お手軽簡単料理の紹介でした。

20201008_153033.jpg

nice!(220)  コメント(80) 
共通テーマ:映画

日本酒のラベル [写真]

20200909_161343.jpg

日本酒推しの居酒屋さんの外壁に貼られた 様々な日本酒のラベル。
ペロッと剥がれかかっている辺りも味があるなあと感じたので、構図に心を砕きつつ撮り、加工は間違いなく白黒が合うよな、と脳内シュミレーションして帰り、実際、白黒にしてみたらバッチリだったので、これを完成作品としやす。
特別 奥深い意味を想像させる作品ではありやせんが、単純にデザイン的観点から観ていただけると幸いでやす。

この写真、右上に「獺祭」のラベルが見えやすね。
獺祭、近年とても人気の銘柄のようでやすね。
あっしは、飲んだことはないのでやすが、獺祭という言葉には、元の仕事柄、とても馴染みがありやす。
獺祭という意味は、獺が獲った獲物を川辺にずらずらと供物さながらに並べる様を呼ぶ訳でやすが
その様にモチーフを配置した構図の絵画を「獺祭図」と呼ぶからでやす。
あっしは現役の画家時代は、自分では獺祭図を描いたとこはないのでやすが、同じ美術団体で描いていた画家は何人かいやしたね。
動きはないけれど、安定した まさに供物を供えた様な印象の作品と成りやす。


nice!(221)  コメント(63) 
共通テーマ:映画

自分が男だったら、こんな女性は嫌だ [独り言]

何年か前のある日、くだけたレストランで一人食事をしていると、隣のテーブルから 若い女の こんな声が聞こえてきた。
「ちゃんと三角食べしなくちゃいけまチェン!」
あたかも 母親が幼子を軽く叱るが如き口調だった。
見ると、そこに居たのは、大学生とおぼしき男女だった。
私は余りの嫌悪感に、全身がゾワワワワ〜〜!!となり、「もしも自分があの男の子の立場だったら『俺はアンタの子供じゃねぇ!』と 速攻席を立ち『もう二度と電話もメールもして来るなっ!!』と ツカツカとレストランを後にするところだ」と 思わずにおれなかった。

20201006_134640.jpg新婚ホヤホヤのジョークめいたノロケなら まだ解らなくもないが、この二人は年齢からしても 明らかに、恋人同士、つまり 単なる赤の他人の間柄だと思われた。
それを、自分の子供を叱る様に「、、、いけまチェン!」とは、支配力の剥き出しもいいところである。
支配力とは、すなはち、エゴイズムである。

エゴイズムの強い人間というのは、自分の気に入った相手は、何もかも自分の思い通りの言動をして、自分の好きな物を相手にも好きになって欲しいと思い、相手の全ての言動を把握していないと許せないのである。
その為に、計画的にありとあらゆる策略を企てたり、予測通りの結果にならないと プーッとふぐ提灯の様に膨れ、たちまち機嫌が悪くなるのである。

20201006_134710.jpgそんな女性と結婚入籍でもしようものなら、その支配力は留まるところを知らず、彼女という小さな小さな箱の中に閉じ込められ、錠前をかけられる事必至である。
「今日は、いつもより帰りが遅いけど、何してたの?」
「飲んでたって、誰と飲んでたの?」
「飲みながら、○○君と、どんな話ししたの?」
「そこでそう言われたら、アナタはこう返さなくちゃダメじゃないの!」
「次は○○君に、○○○○って言いなさいねっ!!」
、、、、、という様に。

想像しただけでもゾッ!とする。
男と女は、いくら籍を一緒にして 住むところと財布は一つになっても、それぞれに人格・心を持った 別々の人間であるのは言うまでもない事ぢゃないか!

ーーー件のレストランの男の子、彼女の「いけまチェン!」に対して、席を立つどころか、頭を掻き掻きして苦笑いをしていた。
まんざらでもないのだろう。
支配される事を別段何とも思わないのか、あるいは、それを愛の強さだと履き違えて捉えているのか、、、

女が百人百色いるように、男も当然 百人百色である。
こういう女性を好み、エゴイズムにがんじがらめにされる事を快楽と感ずる男性も、広い世の中、いるのであろう。


nice!(245)  コメント(77) 
共通テーマ:映画

組まれた足場 [写真]

20200909_160743.jpg

これから三階建てのマンションが建とうという建設現場。
まだ足場だけが組まれた状態のところを撮りやした。
実際は、夜だったというのもあるし、どよ〜んとした灰色の濃淡で、ダメ元で構図だけキメて撮り帰ったのでやすが、画像加工アプリで、具体的に目指すところなく とにかく成立する画になればいいと、あれこれ試していたら、こんなカラフルな色調になるバージョンのが出てきたので、これでキマリにしやした。

この写真を観ていたら、テント芝居やアトリエ公演の舞台や客席を思い出しやした。
ああいった舞台や客席って、資材剥き出しで 手作り感がぷんぷん立ち昇っている雰囲気も、「ああ、自分は今、演劇という異空間の始まりを待っているんだなあ」という気持ちを高ぶらせてくれて好きでやす。

あっしは20年くらい前、自分にたっぷりと時間が出来たので、演劇理論や映像理論、演劇史 映画史を勉強するのと並行して、ありとあらゆるジャンルの演劇と映画を観まくりやした。
何故って、実際に観てみないと、「このジャンルが好きで、このジャンルは嫌い」って言えないから。
で、結果的に、あっしが一番好きな映画のジャンルは、実験映画。アニメーションならスチルアニメーション。
演劇なら、アングラ、不条理もちょっと好き。
そんな結論が出やした。
みなさんは、どんな演劇・映画のジャンルがお好きでやすか?


nice!(222)  コメント(62) 
共通テーマ:映画

紛らわしいよなあ [独り言]

一緒にいて心が「♡」になるのが恋人
一緒にいて頭が「?」になるのが変人

日本人が好んで食べるのが牛鍋
仏人が好んで食べるのが蝸牛

カイワレをムシャムシャ食べるのが菅さん
パンケーキをパクパク食べるのが菅さん

20200909_160333.jpg



(画像は、スガではなくカン)


nice!(239)  コメント(76) 
共通テーマ:映画