重ねられたたくさんのフレーム [写真]

20210108_152036.jpg

重ねられたたくさんの白いフレーム。
奥の赤い格子状の物は何だか判りやせんが、記録写真ではなくアート写真として撮っているので、何だか判らなくてもいっこうに構いやせん。
ぼんぼちとしては珍しい、明度の高いポップな雰囲気の作品でやす。
たいていヴィンテージ加工なので、たまにはポップもいいかな?と 公開しやす。
フレームがズレながら重なっている所や 奥の赤が主役になっている所や 直線だけで画面が構成されているところが面白いかな?と思いやした。

フレームを見ていると、あっしは元画家だったので、どうしても画家時代のことを思い出してしまいやす。
受賞歴や在籍歴を作り 画歴に箔をつけ、作品が高く売れる様にする為に、18才から22才くらいまでの間は、いくつかの美術団体と関わっていたのでやすが、当時の会長さんや幹部の先生方のご年齢は、70代から80代でやした。
パーティーで、批評や美術の話しが一通り了り、アルコールもまわってくると、その世代の先生方は、決まって 肩を組み合い軍歌を歌い始めるのでやした。
そして、あっしを含めた40代以下の画家に対して「は〜ぁ、戦後生まれってぇのはダメだねぇ。軍歌も知らないなんて」と呆れるのでやした。
あっしなんて、戦時は親が小学生だったんだから知ってる訳ないのに、、、
それらの先生方にとっては、40代も18才も、軍歌の時間になると「当たり前のことを知らない戦後生まれ」と ひとくくりなのでやした。
ーーー今は昔の話しでやす。


nice!(242)  コメント(79) 
共通テーマ:映画

nice! 242

コメント 79

ヤマカゼ

赤と白が目を惹きますね。
軍歌、知っている人は少ないでしょうね。
パチンコ屋さんの前を通ると聞いたことがあるくらいです。
by ヤマカゼ (2021-03-26 06:34) 

yoko-minato

街角からこういう場所を見つけて即
芸術に見立てる・・・感性が素晴らしいです。
私は戦後生まれになってしまいますが
当時は母からよく聞かされてました。
でもやはり戦争は悪ですよね。
by yoko-minato (2021-03-26 06:38) 

なかちゃん

フレームの重なった写真、なかなか面白いですね ^^
軍歌を知らん年代がダメというのは行き過ぎだとは思いますが、それだけ戦争のせいで酷い想いをした人達なのかな?と、この年齢になると少し考えられます(^^;

by なかちゃん (2021-03-26 07:02) 

川鮎くん

芸術的なセンスがないせいかどうしても何のフレームかな?と思ってしまいます。当時ラジオから流れる三橋美智也の流行歌や軍歌は小学生の私でも覚えてしまいます。一方的な画一媒体でしたからね。士気高揚のためか職場でも同じような事をしていましたよ。
by 川鮎くん (2021-03-26 07:32) 

wildboar

狭い範囲に遠近感がよく出ていますね。
by wildboar (2021-03-26 07:37) 

もーもー

今の若い子達に 昔話をしても
笑われる  時代になりました・・・
by もーもー (2021-03-26 07:46) 

HOLDON

重ねられた額縁と思うとすごく面白いです。
手前の額縁の傾きが奥の赤い格子に構図を付けているように見えました。
by HOLDON (2021-03-26 07:53) 

りみこ

こういうものをどこで見つけられるのでしょう?
こうして切り取って見せてくださると素敵だなと思いますが、日常の中で見ても気づけないかもしれません
軍歌?聞いたことがありません…
by りみこ (2021-03-26 08:21) 

Rchoose19

フレームなんですねぇ~~。
遠くに行けそうな感じがします♪
赤に白の水玉通って、遠い昔に行けそうです。
因みに軍歌ですが、まぁ有名どころは
ほとんど歌えます^^;
by Rchoose19 (2021-03-26 08:37) 

坂の上の蜘蛛

ぼんぼちさんのアートにたまにコメントしても確信に触れる琴線に触れるコメントはできません(>_<) リアルな写真しか撮れない私の感性が
ぼんぼちワールドに届かないからと思っています(>_<)
そのぼんぼちさんがリアルな野鳥写真の私のブログに感心を示してくれるのがとても嬉しいです(^^) コメントを書く場所が違うかな?
by 坂の上の蜘蛛 (2021-03-26 09:55) 

とし@黒猫

これ、水平に四角い枠が重なってるでしょう?
稲荷神社の鳥居のパターン?

これを見て、マンション中央の吹き抜けを連想しました。
高層階から 1階までの正方形の吹き抜けがあって、
真上から見下ろすと、ちょうど各階の手すりが枠に見えて、
こんな光景に見えます。
手すりを超えて落ちたら死ぬので「奈落」と呼んでます。
by とし@黒猫 (2021-03-26 10:25) 

侘び助

戦争が始まった翌年昭和17年に国民学校に入学しやした。
小学4年夏に終戦、田舎暮らしでも空襲や学童集団疎開で
大阪から大勢の学童が疎開してきて色々な体験を積みやした( ;∀;)
平和のありがたさしみじみの後期高齢者暮らしの日々(*'▽')
by 侘び助 (2021-03-26 10:35) 

溺愛猫的女人

はっと人目を引く色と構図!ステキですね(^^)/

by 溺愛猫的女人 (2021-03-26 12:18) 

kinkin

こう言う切り出し上手ですね・・・自分なら「これどっかの現場で使うのかな・・・」で終わっちゃいます^^;
by kinkin (2021-03-26 12:28) 

sana

重なったフレームのずれが面白いですね。
奥の赤いものでポップな印象になってますね~。
当時70代80代というと、うちの親よりはるか上から近いぐらいまでになりますね。はるか上だと、戦争には勝てるはず、日本は強いと思って育った人たち。青春時代の懐古なんでしょうね。
うちの親だと食べ盛りに飢えて、戦争にはこりごり、って感じ。
若い人をダメだという…のは古代からあるらしいですからね^^;
by sana (2021-03-26 14:10) 

kuwachan

どこかの工事現場で使われるために置かれているものかな?
と思ってしまいました(^^ゞ
フレームなんですね。色々あって面白いですね。
年齢的上がってくると昔はね・・と思うことがよくあります(笑)

by kuwachan (2021-03-26 14:31) 

英ちゃん

軍歌は少しなら知ってるよ(^∇^;)
パチンコ屋のテーマソングだしね?
♪守るも攻めるもくろがねの~(軍艦行進曲)て言うやつ(^O^;)
まぁ、今はこんな曲は使ってないか?
私も最近、写真を撮り始めたんだけど、面白い被写体がないですw
まぁ、撮ってるのは花が中心だけどね。
by 英ちゃん (2021-03-26 15:46) 

Boss365

こんにちは。
よく分からないけど・・・
赤とメタル質感・白のコンビネーションが面白いですね。
歳を重ねると、柔軟性に欠ける事あり?
地位ある美術や芸術に携わる先生なのに、残念は言動です!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2021-03-26 17:20) 

あおたけ

無機質なアルミフレームが重なる奥に見える、
赤いフレームが印象的で、
まるで異次元空間にでもつながっているような
ミステリアスな雰囲気を感じます(^^)

by あおたけ (2021-03-26 17:49) 

kou

赤と白は日本の色ですね。二十代の頃、上司がカラオケで軍歌を歌ってました。
by kou (2021-03-26 17:52) 

ゆうみ

奥行のある写真 赤がインパクトを与えてくれてる。
パンチ一つ
軍歌はねぇ 歌えるよ
by ゆうみ (2021-03-26 18:15) 

ぷち

ほんとよく見ても赤い格子状のものは何なのかわからないです。
でも見ちゃいます。
by ぷち (2021-03-26 19:29) 

Take-Zee

こんばんは!
あまり、上手に言えませんが・・
着眼点とか発掘能力にはいつも感心させられて
います("^ω^)・・・

by Take-Zee (2021-03-26 19:37) 

ヤッペママ

飲めば軍歌という人を知ってます(戦争を知らない方かと…)
by ヤッペママ (2021-03-26 20:02) 

ChatBleu

会社の若い子達と話をしてると、三億円事件とか、グリコ森永事件とか、酒鬼薔薇事件とか、「なんスか、それ?」と言われて、えーーー?! です。
by ChatBleu (2021-03-26 20:11) 

johncomeback

軍歌→軍国→戦争はまっぴらゴメンですが、
日本が一つに纏まっていたんですよね。
多様化が進んでもう一つに纏まる事は無いだろうなぁ。
by johncomeback (2021-03-26 20:15) 

わたし

メタル色と赤ってお互いに引き立てあうのですね。
重なった奥に異次元がありそうです

by わたし (2021-03-26 20:29) 

そらへい

なんなんでしょうね。
サッシの窓枠のようにも見えますが
赤い格子はさっぱりわかりません。
絵のお偉い先生方が軍歌ですか。
絵描きの権威なんて所詮そんなものなのでしょう。
by そらへい (2021-03-26 20:35) 

けせらんぱさらん

ぼんぼちぼちぼち さんが原色を用いるのは珍しい気がします
それにしても 何に使う物なんでしょう?

昔から年代を「ひとくくり」にするのってありますね
私達の時代は新人類でした(後には ゆとり とか 今はz?)
どうも私 こういう一絡げにされるのが嫌いで 
歳を取っても こういう事は言いたくありません !!!
(歳を取るにつれ こういう事を言いたくなるのでしょうか?)

by けせらんぱさらん (2021-03-26 20:43) 

sakamono

無限に連なる合わせ鏡みたいな印象を持ちました。
40代も18才もひとくくり、って...そういう言われ方を
されてもって感じですよね。何か分かります^^;。
by sakamono (2021-03-26 21:14) 

斗夢

得意になって軍隊での経験を喋る人がいました。
by 斗夢 (2021-03-26 21:23) 

にゃご吉

一瞬、枠の奥に吸い込まれていく様な感じがしました。
いつも構図の目の付け所が良いですね。

by にゃご吉 (2021-03-26 21:42) 

sadafusa

写真とてもステキです。枠が少しずつずれながら重なっているのが、オシャレな感じがします。
軍歌ねぇ。その時が彼らの青春だったのでしょう。歌は世につれ、世は歌につれ、っていいますからねぇ。私が好きな歌は完全に懐メロ化していますね。今の流行歌なんてわからないです。娘がBTSにハマっているらしいので、辛うじてダイナマイトは知っていますが、だからといってそれがステキだとは思えないんですね。やはり世代が違うのだと思います。
by sadafusa (2021-03-26 22:03) 

raomelon

赤と白のコントラストが美しいですね^^
ポップな雰囲気の作品、新鮮ですね!素敵です♪
by raomelon (2021-03-26 22:40) 

yes_hama

シルバーと赤と白のフレームの組み合わせが面白いですね。
あああ。でも、「いったい何のフレームなんだろう?」と考えこんでしまう自分がいます。^^;
先生方は軍歌が青春の歌なのですね。きっと辛い時代を乗り越えられたのでしょう。
飲むと軍歌、は、同世代の人たちと一体感が出るからかも?
by yes_hama (2021-03-26 22:48) 

風来鶏

昔、「タイムトンネル」というテレビ番組がありまして、重ねられたフレームを見ていると、異次元の世界に迷い込みそうな気になります^^;)
タイムマシンで行きたいのはジュラ紀~白亜紀ですが、T-REXに喰われるのは嫌だな…
by 風来鶏 (2021-03-26 23:14) 

フヂ

赤が目を引きますね。
目の錯覚に利用される
図形にも見えて来ます。
by フヂ (2021-03-26 23:33) 

mio

母方の祖父は戦争に行った人間でしたが
軍歌を歌っているのは一度も聞いた事が
ありません。詳しい事も全く教えてくれ
ませんでした。ふれてはいけない辛い過
去なのかなって子供心に思いましたよ。
赤に引き込まれるような写真ですね。
by mio (2021-03-26 23:53) 

きよたん

昔 職場で若いのに直立不動で軍歌を歌える男子がいました。
おじいちゃんからの刷り込みなのか 本当珍しい子だと驚きと感心と。
私なんかも軍歌歌えませんからね
特技と言えます。
by きよたん (2021-03-27 05:10) 

Inatimy

赤い格子状のものも、パッと見、水玉模様があるように見えて面白く。
オシャレな写真^^。
by Inatimy (2021-03-27 07:16) 

横 濱男

面白い被写体を上手く見つけますね。。
流石です。。(^^)v
by 横 濱男 (2021-03-27 08:41) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

今回の作品、自分では、どうってことないよなあ、と思っていただけに
たくさんのかたがたに反応していただけて、嬉しく思ってやす。
公開前より、この作品、好きになれやした。

これ、どこで撮ったかというと、神保町の古本屋が並んでいる通りで、なのでたぶん、写真や古地図や浮世絵のコピーなどをいれて店内に飾るためのフレームなのだと思いやす。
赤い格子は、今以って謎でやすが。
それが、水平に積み重ねられていたのを、真上から覗き込むようにして撮りやした。

そうでやすね、異次元に行ける装置みたいな、そんな感じでやすね。
そういうふうに感じていただけて嬉しいでやす。
あっし自身も、なんかそんな感じがしてたので。

さて、軍歌を歌って、戦後生まれをひとくくりに考えていた先生達。
勿論あっしも、戦争は二度とあってはならない絶対的な悪だと思いやすが、
戦争に行った世代のかたにとっては、あの体験が想像を絶するほどに辛く厳しいものだったからこそ、戦争に行ったということが、強烈なアイデンティティーの確立になっているのだと思いやす。
だから、その世代の人同士だと、軍歌を通じてツーカーになれて、互いにアイデンティティーの確認をし合えるのだろうし。
あの世代のかたがたは、もうほとんどご存命ではないでやしょうけど、
戦争は悪が正しいことにひっくり返るわけでやすから、たくさん敵を殺したほうが名誉なわけでやすよね。
そこを、戦後の価値観で対峙してしまうと、彼らのアイデンティティーというのは崩壊してしまうと思うんでやすよね。

勿論、当時、40代も18才もひとくくりに「ダメだねぇ」と言われたことは愉快なことではなかったけれど、今思い返すと、仕方がなかったな、、、と。
今、あっしらの世代がフォークや深夜放送を懐かしむ、懐かしみ度と強さが違うんでやすよね。
戦後、価値観が180度変わって、それまで憎っくき敵だったものを崇拝するが如くに受け入れなければならなかったんだから。
この精神の嵐を乗り越えるには、戦争に行った自分は正しかったんだ、と思い込まないと、自己崩壊してしまうんでやすよね。

戦前のお生まれでも、お小さくてひもじい思いをされてきたかたは、戦争なんてこりごりだ、と思ってるかたが多いでやすね。

だから、あっしらの世代は、それほど強烈な懐古やアイデンティティーの確認というのはないわけでやすが、世代の下の人に、「えっ?!こんなことも知らないの?」っていうようなことは言いたくないでやすね。
だって、世代が違ったら、知らないのが当たり前なんだから。

加えて、20代と30代とをひとくくりにするとか、20代はみんなこうなんだろう、とか、そういう決めつけも、絶対にしないようにしてやす。
だって、自分たちが若かった頃も今も、人って一人一人違うんだから、
今の若い世代だって、一人一人違うのが当たり前でやす。
若い人と話しをする時は、「やっぱり〇〇とか行くの?」って言い方は失礼だと思うので、「アナタは、お休みの日、どこに行って遊ぶの?」って聞きやす。

軍歌、歌えるかた、何人もいらしてすごいでやすね!
おじいさまから教わったりされたのでやしょうか?
そういえば、軍艦マーチだけは、パチンコ屋で流れてたから、あっしもメロディーだけは知ってやすね。

読者のかたの中に、芸術系の年配の先生がたは、俗物ではなく高尚な精神の持ち主で清らかだ、と思われているかたがおられるようでやすが、
全然違いやす。
美術団体なんて、劇団と同じで、政治的派閥抗争でしじゅう、ワイワイやあやあやってやす。
綺麗なものを生み出す人間の心が綺麗だとは、まるで限らないでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-03-27 09:52) 

旅爺さん

一瞬蔵の窓かと思いました。
いろんなアート見つけてきますね。
by 旅爺さん (2021-03-27 10:17) 

ファルコ84

何だかわからない!奥の赤い格子状が目立ち
手前のフレームに気づきませんでした、観察力が落ちてます
アートの様でもあり… 。
軍歌… きついですね!
by ファルコ84 (2021-03-27 10:29) 

naonao

赤と白の重なったフレームも、立派なアートに
なりますね(^○^)
by naonao (2021-03-27 12:10) 

拳客

昔務めていた会社の上司が、学徒動員で中国に渡り、大連で捕虜となり逃げだした話を酒席でよく口にしている姿を見ました。
戦争を体験した人には、色々な思いがあるのでしょうね。

by 拳客 (2021-03-27 14:33) 

GG233334

軍歌なんて一つも知りやせん、なぁ~んて言うと「大嘘つき」と誹りを受けてしまいやすね、汗汗。

画歴に箔が「つく」んじゃなくて「つける」んでやすか? 画家さんていろいろ大変なんでやすね。
んで、おそらく、箔がついた画家さんが画箔、もとい、画伯と呼ばれるようになるんでやすね。
by GG233334 (2021-03-27 15:10) 

八犬伝

とても目を引く構図ですね。
軍歌ですか
それだけは、勘弁してもらいたいですね。
by 八犬伝 (2021-03-27 16:14) 

hirometai

ぼんぼちぼちぼち様
紅白はおめでたいという感覚です。
受賞祝賀会はあまり感じませんが、お祭りのウキウキ感は好きです。
フレームが重なって奥に続くようなのが嬉しいです。(^-^)
by hirometai (2021-03-27 18:25) 

sig

とある牢獄の格子窓。
キッチュな赤い格子で彩られた牢には、時の為政者に反旗を翻した芸術家や文化活動で捕らえられた人が閉じ込められていそうです。
by sig (2021-03-27 18:51) 

uchin

こんにちは
私は軍歌はどちらかと言うと好きな方ですが、お年寄りの方が半ば強制するかのように歌うのはあまり好きではありません。
だんだんと戦争体験者どころかそれを語り継いだ人までも少なくなってきました。
それにしてもいつもながらに眼の付け所が良いですね。
by uchin (2021-03-27 19:31) 

こじろう

色合いがポップでキッチュな現代アートって感じで好きだなぁ~♪
ヴィンテージ加工すると全然違うものになりそうな気もする。

軍歌が青春時代の象徴だったのかもな。
大音量で音楽を流しながら走る「あの車」のお陰で「出征兵士を送る歌」なら歌えるぞ・・・(´・ω・)
by こじろう (2021-03-27 21:28) 

あとりえSAKANA

今、年配者が若い人に向かって
「えー知らないの?」というのは
ハラスメントに当たるというのを
最近SNSで見ました。
(何でもハラスメントと言い過ぎ
だとは思いますが)
でも戦争を知っている世代では
軍歌が仲間同士の結束の歌だった
のでしょうねー。

by あとりえSAKANA (2021-03-27 22:02) 

てんてん

そっか~
僕が子供の頃、じっちゃんたちがよく自宅で飲み会してて軍歌歌ってたから歌えますよ^^;
戦前生まれの方達が、戦後生まれの人たちをバカにしてたとしても
僕等は、戦前生まれの方達を大切にしてあげたいですね^^;
by てんてん (2021-03-27 23:03) 

リンさん

鮮やかな赤ですね。
何に使うんでしょうね。
軍歌を歌う人は、私の周りにはいませんでしたけど、軍艦マーチはあらゆるところで流れていましたね。
街を歩けば聞こえてきたり、運動会で流れたり。
by リンさん (2021-03-27 23:19) 

mau

ポップなのに奥の暗がりに何かが潜んでいる気がします。
by mau (2021-03-28 00:52) 

yamatonosuke

赤い格子状を見ると瓶コカコーラを思い出すのは私だけでしょうか。
もちろん横になって引っこ抜くやつです(笑)
by yamatonosuke (2021-03-28 01:17) 

TakiHaru

特に内側のフレームの微妙なずれ具合がいいですね。
by TakiHaru (2021-03-28 09:00) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

今回の写真、予想外に好評で嬉しく驚いてやす。
まあ、今回は、素材の力99%でやすよ。あっしはたまたま通りかかって撮っただけでやす。
みなさん、いろんな感想を書き込んでくださって、とても興味深く拝読しやした。
そうでやすね、このたくさんのフレームがきちっと重なってたら、面白くも何ともないんでやすよね。
ちょっといいかげんにずれてるからこそ、なんでやすよね。
蔵やコカコーラや反体制派の芸術家の牢獄に、、、なるほど〜
ヤンシュヴァンクマイエルが入れられてた牢獄もこんなだったのも?

軍歌はねー、やはり戦争に行ったかたがたにとっては、それはもう絶対的な青春の象徴だったのだとお察ししやすよ。
あの世代のかたがたは、戦後生まれのような、自分自身を生きられる青春が許されない世代だったのでやすものね。
で、軍歌を歌うことによって「お互いよく生き抜いてきたよなあ」って確認するっていう。
大連で捕虜になって逃げてきた、、、壮絶なお話しでやすね。

あっしが小学生の頃までは、「戦前生まれ」「戦後生まれ」が、人を判断する時の大きな基準になってたように感じやす。
あっしの親達はみな戦前生まれで、担任の若い教師に不満があると「だから戦前生まれっていうのはダメなのよねえ」とかって。
でも今は、仰るとおり、戦争体験者はおろか、語り継げる世代すら少なくなりつつありやすね。
今、軍歌を歌えるというかた、とても貴重だと思いやす。
何かの機会に、若い世代に歌って聴かせてさしあげてくださいでやす。
言わずもがな戦争があったという事実は、あっしら日本人の近代史の中で最も大きな負の出来事だったわけでやすもんね。

画家が画歴に箔をつける件、、、そうなんでやすよ。
いくら事実上素晴らしい作品を描く画家でも、一度もどこの美術団体にも籍を置いたことなく、受賞歴も一つもなかったら、美術年鑑で高い評価格を受けられず、画商もつきづらいでやす。
公に評価されたという事実が必要なんでやす。
何の画歴もない画家では安定した食えるだけの収入を得られないんでやす。
なので、自分が狙った美術団体受けする作品を描いて受賞し、派閥抗争がめんどくさくても、いっときは美術団体に籍を置くんでやす。
で、個展の時にお客さんには、「私が表現したかったものを表現したら、たまたま認めていただけまして、、、」と朴訥に謙虚に言うんでやす。
日本人の客というのは、欧米人に比べて、「自分がこの作品をいいと思ったから、この値段出してもいい」という気持ちの人より「これだけ高い評価がされている画家の作品だから買おう」という人が多いんでやす。
画家って、金に執着がないと思っている素人さんが少なくないんでやすが、役者やミュージシャンと同じで、逆に、明日の収入すら解らない業種なので、単に作品の上手さだけでなく、戦略の巧さも実力のうちなんでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-03-28 10:41) 

ぼんぼちぼちぼち

訂正
「だから戦前生まれっていうのは、、、」☓
「だから戦後生まれっていうのは、、、」○
by ぼんぼちぼちぼち (2021-03-28 10:46) 

rannyan

シンプルだけど、対照的な色の組み合わせと大好きな歪み
というのか、斜め具合が好き^^;
いつの時代も近頃の若い者は..と一括りにされてきたようですね
ギリシアかローマの偉い人も、そう言ってたという話を聞きました
わたしの若い頃の上の世代には、寮歌というものもあったんです
寮歌祭というので盛り上がってました^^;
今いきていると90代後半くらいの人たちかなぁ
by rannyan (2021-03-28 11:05) 

弐号

むぅ。フレームだけにフレーミングに悩む画ですね。w

by 弐号 (2021-03-28 11:08) 

はなだ雲

現代アートの作品としてこのまま美術館に展示されてても
ちっともおかしくないです^^
日常生活のなかで
よくこのような場面に気がつかれ
切り取られますね、いつも感心しています♪
by はなだ雲 (2021-03-28 12:16) 

こはく

子どもの頃無邪気に歌っていた童謡、実は歌詞が戦争関連のことだった、というのを後で知り驚いたものが数曲あります。
by こはく (2021-03-28 14:46) 

hana2021

70代から80代のお爺ちゃん達と二十歳そこそこの女性の感覚、価値観が全く違うのは当然です。
だからこそ、面白い作品が生まれるのではないかしら。
by hana2021 (2021-03-28 14:55) 

プー太の父

そんな古い時代の方は国に洗脳されていたんでしょうね。
時代遅れなジジイだと呆れるのは気の毒かもしれないです(^-^)
思い出してみると私が高校出て就職した当時の職場で忘年会のとき
軍歌を歌う人がいました。最近は聴くこともなくなりましたね。
by プー太の父 (2021-03-28 15:54) 

kyon

なかなか面白いアート作品に見えますね。
日常も味方を変えれば違う顔が見えてきます。
by kyon (2021-03-28 15:57) 

ヨッシーパパ

手前の殺風景な色のフレームの奥に、鮮やかな紅白のフレームがよく目立っていますね。
by ヨッシーパパ (2021-03-28 19:32) 

ニッキー

重ねられたたくさんのフレームは窓枠だと
思ってしまう私は情緒がないらしいですw
軍歌、さすがに歌える人の方が少ないかと(⌒-⌒; )


by ニッキー (2021-03-28 21:18) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

写真、お誉めくださり恐縮でやす・ぺこりっ
今回は、古本屋さんに出入りしている業者さんと、たまたまタイミングよくそこを通りかかったあっしの運の神様に感謝といったところでやす。
神保町は、作品になるモチーフの宝庫で、歩きまわってると、なにかしら掴めやす。
そう、この斜め具合に、あっしも惹かれたのでやすよ。
きちっと揃えて置かれていたら、面白くも何ともないんでやすよね。
現代アートのようと評していただけて光栄でやす。
現代アートはあっしは詳しいわけではないでやすが、ああ、なるほど、と思いやした。

戦争に行った世代のかたがたはねぇ、、、国に洗脳されるしか生きる選択肢がなかったのだと思いやすね。
それで敗戦で、価値観がひっくり返ったんだから「自分たちが生命を張ってやってきたことは何だったんだ?」と。
だから、軍歌を歌うことで「自分たちがやってきたことは正しかったんだ」と共有確認をしなければ、アイデンティティーが崩壊してしまうのだと思いやす。

だからってねぇ、18才の女の子に「ええっ?!軍歌も知らないの?!」って驚くっていうのはねぇ。
少しは、あっしの生まれた時代がどういう時代かを考えていただきたかったな、という気持ちはありやすね。

そうでやすね、作品に対する感性も、当然、70~80代と18才では大きく違いやすよね。
あっしは画商(あっしの親と同世代だった)に、「ぼんぼち先生は、よくこんなに斬新な構図を思いつきますね」って言われてたんでやすが、
あっしにとってはそれは特別苦心して捻り出した構図ではなく、当たり前の感覚で、で、どういうところから構図のヒントを得ていたかというと
中高生時代に放課後、雑貨屋などに売られている海外のポストカードを観て遊んでいた、それが自分の血肉になってたんでやすね、無意識のうちに。
当時の年配者の画家は、そういうものを観ないどころか、古い考えで、写真というジャンルを見下して馬鹿にしている人が多かったから、そういう感性を自らシャットアウトしていたようでやす。

寮歌というのもあったのでやすね。
一緒に寝食を共にすると、精神的な結束も強くなるのでやしょうね。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-03-29 09:13) 

ぼんぼちぼちぼち

あっ、そうそう、こはくさんがくださったコメントと全く同じことを
ついこの間読んだ久世光彦さんの歌をテーマにしたエッセイ集で、久世さんも書いておられやしたよ。
久世さんは、昭和10年生まれだそうでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-03-29 09:22) 

GG233334

知らない世界のことなので妙に関心を持ってしまいました。
ぼんぼちぼちぼちさま、ご丁寧に解説してくださりありがとうございます。
恐悦至極!……でやす。
by GG233334 (2021-03-29 13:57) 

クッキー

一寸話はズレますが、エジプト時代から 「今の若いものは・・」と。年配者は言っていたようです。

by クッキー (2021-03-29 14:59) 

ぼんぼちぼちぼち

GGさん

そういうことなんでやすよ。
まあ、芸術系の仕事であっても、それを職業として食っていくからには、それ相応の手段を踏まなければならないんでやす。
芸術系の人間だって、資本主義社会の外側では生きていけやせんからね。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-03-30 09:08) 

ぼんぼちぼちぼち

クッキーさん

だそうでやすね。
いつの時代もそういう年配者っているんでやすよね。
あっしはそんなことを言う年配者にはならないように気をつけようと心してやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-03-30 09:12) 

coco030705

これはいい作品ですね!色彩も赤と白と銀色で相性がいいし、形がすっきりとしていていいと思います。こういうものを街中で見つけられるのは、ぼんぼちさんの才能ですね。
by coco030705 (2021-04-01 22:16) 

ぼんぼちぼちぼち

coco030705さん

お誉めの言葉、ありがとうございやす。
あっしの写真作品には、ポップな雰囲気のものってほとんどなくて
朽ちた感じやレトロな感じが多いんでやすが
このモチーフはポップでいかないと、モチーフの持ち味を活かせないよな、と、迷わずポップにしやした。
たまには、こんな作風もあっていいかな、と思ってやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-04-02 09:44) 

yokomi

不思議な赤いやつ。正体不明(>_<) 歳を取ると、自分が輝いていた頃が一番良く思えるのでしょうね。
by yokomi (2021-04-03 08:53) 

ぼんぼちぼちぼち

yokomiさん

ほんとに赤い格子は何なのか、いまだに謎でやす。
そうでやすね、特に戦争に行ったということは、それはもう強烈な体験なわけでやすから
何かというと一生誇らしげに言われ続けられていたのでやしょうね。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-04-03 09:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。