So-net無料ブログ作成

今回もブログを製本しました [ブログ製本]

ブログ製本1.JPG

毎年、一年が了る毎に一冊づつブログを製本している私・ぼんぼち、2018年度分も製本注文し、先日 完成品が自宅に届いたところです。

私は、2009年10月からブログを始め、2009年10月から2010年末までの分を最初の一冊としたので、今回で九冊目になります。

初めの数年は、年が明けて早々に製本注文していたのですが、注文日が巻末の「発行日」として印刷されると知ったので、せっかくだから自分にとって拘りのある日にしようと、ここ3年ばかりは 自分の誕生日である6月16日に注文をしています。

ですから この一冊、巻頭のほうは一年半も前の記事となるので殆ど内容を忘れています。
「あ!こんなオチだったのか!」とか「へー、こんな写真 どこで撮ったんだろー?」とか。
逆に、忘れているために客観的な見方が出来、何度も推敲を重ねた上で公開してきたには違いないのですが、「あー、このセンテンスはいらないな」とか「この表現は解り辛くて誤解を招くな」と反省する点もいくつも見つかりました。

どうしても訴えたいこと・吐露したいことは、すでに何年も前に書き了え すっきりしているので、最近は 気持ちに余裕を持ってのんびり更新をしている次第です。

ここまでやってきたからあと半年は 何が何でも更新を続けて、十冊は製本してみるかな、、、

ブログ製本.JPG

nice!(239)  コメント(65) 
共通テーマ:映画

nice! 239

コメント 65

風太郎

半年と言わず、ず〜とずっと続けてください。わくわくして楽しみにしています!
by 風太郎 (2019-07-06 06:38) 

Take-Zee

おはようございます!
製本したいなと思いますが結構高いんでしょう?
それに写真が多いので1日当たりのページ数が
多くて見づらいんです。

by Take-Zee (2019-07-06 08:24) 

pooh

ブログの製本は楽しそうですね(^o^)
旅行で撮った写真は時々、フォトブックを作ります。
忘れた頃に見返すと、さらに楽しいです。
by pooh (2019-07-06 08:27) 

kohtyan

製本するのはいいですね。
私も10年以上になるので、製本しておきたいと思っています。
by kohtyan (2019-07-06 08:59) 

りみこ

ちゃんと製本なさっているのですねー
素晴らしい!
私もそろそろ製本考えようかなぁーと思いました
by りみこ (2019-07-06 09:03) 

Boss365

こんにちは。
ブログの製本を小生も考えた事あります。
納得のゆくレイアウトが出来なくて・・・
小生ブログの製本化は無理と諦めました。
「十冊は製本」達成!!楽しみですね!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-07-06 09:21) 

ニッキー

製本、素敵ですねぇ=(^.^)=
うちのブログを製本するとニャンズ写真だけで
大変なことになりそうなw
10冊の次は 「目指せ!20冊」ですねぇ♪( ´▽`)
by ニッキー (2019-07-06 09:52) 

わたし

製本いいですね。わたしは今のブログではなく7年ほど前の主に旅行のブログを本にしてアルバム代わりに残したいです。
by わたし (2019-07-06 10:18) 

這い上がるママ

自分史であったり、写真集であったり、製本されると記録としてもいいですね。
by 這い上がるママ (2019-07-06 12:22) 

英ちゃん

ブログを製本してるんだ。
記念になっていいね。
私は、ろくな内容じゃないからやりません(゚□゚)
by 英ちゃん (2019-07-06 12:44) 

kick_drive

こんにちは。時々古~い記事にアクセスがあり読み返すことがあります。始めたころとは書き方が変わっていて、いろいろ考えての事なんだろうと思いました。内容的にもこんなことあったなと思いだします。あと半年など言わずもっともっと続けてください。



by kick_drive (2019-07-06 13:27) 

裕々

いい記録になりますね。
ことさらに書き下ろすよりも、ブログを続けていくうちに自然に積み重なってできるというのもいいですね。
by 裕々 (2019-07-06 13:49) 

とし@黒猫

ソネブロが永遠に続くわけではなくて、
そう遠くないうちにサービス停止してしまう
気がしているので、そうなる前に、
製本しておくと、ずっと残りますね。
by とし@黒猫 (2019-07-06 14:46) 

ゆうみ

素晴らしい行動です。
きちんとした形になりますね。
by ゆうみ (2019-07-06 15:28) 

れもん

計画性と実行力が素晴らしいです。
製本して残そうとまでは考えていませんでしたが、後になってそういえばあの時は・・等思うことがあるので、一度検討するのも有りですね。

by れもん (2019-07-06 16:09) 

リンさん

わあ、素晴らしい。
もう9冊目なんですね。
記念になりますね。私も作ろうかな。
by リンさん (2019-07-06 16:49) 

チャー

ブログの製本 (^^)v
結構 昔の記事忘れています
ある意味日記なので 形あるものにするのは良いですね
by チャー (2019-07-06 17:34) 

rannyan

わたしは最初に猫のことを書き始めた某SNSだけ製本しました
ぼんぼちさんの製本の記事を読んで、真似しました(^^;
ブログは写真メインなので製本じゃなくて、写真だけの
アルバムを時々作ってます
ぼんぼちさんの写真アルバムも素敵だと思います
印象的な写真が多いので!
by rannyan (2019-07-06 18:04) 

横 濱男

製本、もう9冊目・・・スゴイですね。。
自分のは、しょぼいので出来ません。
これからも続けて下さい。。
by 横 濱男 (2019-07-06 19:12) 

はづき

私は内容が薄っぺらいブログなので、お恥ずかしくて後世に残しておけないかも…。(笑)
by はづき (2019-07-06 21:05) 

sig

こんばんは。「冷たい廊下」第9巻完成、おめでとうございます。巻頭のお写真はサイコーです。ある意味での自分史。まさに"生きた証"。すばらしいですね。  ブログ開始の2009年10月には私のブログへもご訪問いただいております。ということは、もう10年のよしみになるのですね。光栄の至りです。(^_-)-☆
by sig (2019-07-06 21:17) 

アニマルボイス

自身でサーバをもち、ホームページを立ち上げていない限り、突然の閉鎖というのはよくあります。
私は10年以上前、インターネットもブログも簡単にできるということで、CATVのオプションに加入しました。容量は少ないものの簡単な設定ですぐ使えるブログで、パソコンの練習を兼ねて楽しんでいました。ところで、突然、ブログは閉鎖。ただし、LIFE CLIPというサイトに引き継ぎますので、今までと同様にお楽しみできます。という通知。
もちろん?通知通り「今までと同様」というわけにはいきませんでしたが、数年経ったらここも突如閉鎖で代替えもなし。それまで載せてきた総てのデータがネット上から消えてしまいました。

So-netのブログは初めて10年以上になりますが、生殺予奪権は常に相手側にあるわけで、SONYも商売ですからツイッターやインスタグラムの影に隠れて地味なブログは儲からないと判断死すれば、すぐに閉鎖されてもおかしくありません。
自身のブログはこれといったとりえもないのですが、本来の「日記」の役目も兼ねているので、私はブログに上げた全データは、外付けHDDに保存しています。
by アニマルボイス (2019-07-06 21:22) 

扶侶夢

ブログが製本できるのはいいですね。年一冊の九冊目というのはなかなか素敵な自分史ですね。
私はカテゴリーの「青年は荒野をめざした」を『欧州アルバイトヒッチ』というタイトルで一度だけ製本したことがありますが、今回ぼんぼちぼちぼちさんの記事を見て、改めて別のカテゴリーを製本してみようかなと思いました。
by 扶侶夢 (2019-07-06 21:39) 

ゆうのすけ

うわ~っ!私も最初の頃は製本を考えていたんですが
記事数が かなり多くなってしまって さらにごった煮になって
途中で結局諦めてしまいました。
時々 過去の記事を確認したりするんですが 時に恥ずかしかったり
時にあれ?こんなことあったんだってことも。^^;
ぼんぼちぼちぼちさんは 私の半年先輩ブロガーさんなんですね!^^☆

by ゆうのすけ (2019-07-06 22:39) 

hirometai

ぼんぼちぼちぼち様
こんばんは
自分の意識の中に突然の閉鎖ということがなかったので考えます。かなりの容量になります。
by hirometai (2019-07-06 23:13) 

めりー

こんな風に製本されるのですね、
素敵な仕上がりにビックリです☆

by めりー (2019-07-06 23:58) 

ぜふ

前身のブログは製本しましたが、その際に校正をしました^^;
ともかく、形になるとなんだかうれしかったですね。
10巻目指してください!

by ぜふ (2019-07-07 00:26) 

サンフランシスコ人

米国の大学図書館の蔵書になるといいですね...
by サンフランシスコ人 (2019-07-07 03:31) 

ヤマカゼ

自分のブログを製本とは、思いも寄らなかったです。
by ヤマカゼ (2019-07-07 06:33) 

ファルコ84

ブログを製本するとは、それも10冊間近とは素晴らしい
文章も勿論、写真集としても必見ですね。

でやした!でやす!調のない文章に新鮮味を感じます。
by ファルコ84 (2019-07-07 08:54) 

はなだ雲

表紙のデザインいいですね
改めて、タイトルも良いし♪
本屋さんに並んでいてもおかしくありません
by はなだ雲 (2019-07-07 11:55) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

ブログを製本しようとお考えのかた、あっしの記事を読んでそう考えてくださっているかた、すでに製本されたかた、製本は考えておられないかた、みなさんコメントありがとうございやす。

そうでやすね、ネットの中だけではなくて、形に遺しておきたいという気持ちは初期の頃からあり、実際に完成本を手にしてみて、ほんとうに良かったと思えた気持ちから毎年続けよう と思いやしたね。

自分自身に対しての記念という意味合いもありやすが、何人ものかたがご指摘されているように、今のネットコミニュケーション状況からすると So-netブログもいつなくなってしまうか分からないでやすよね。
こちらがいくら反対しようが、決定権はSo-net側にあって、やめますとなったら それまでの記事、ぜーーーんぶなくなっちゃうんでやすよね。
そうなったら悲しすぎるから という理由もありやすね。
ブログは自分の大切な人生の歴史だから。
まあ、終了のときは、せめて3ヶ月くらい前には通知が来るでしょうから、そうなったら、その年の記事を製本して、ブログ人生了えやす。

もしもそうなったとき、あっしはもう、他でブログをゼロから再開させるつもりもないし、ツイッターもフェイスブックもインスタもやろうとは思わないでやす。
今現在、So-netブロガーの読者のかた以外にも、ワード検索で様々な記事に辿りついて読んでくださっているかたがたくさんおられていて、あっしはそういう方面からのアクセスをとてもありがたく思っているので、今までSo-netブログで積み上げてきたものがゼロになったら それらもゼロになってしまうので、他でブログやsnsは全くやろうとは思っていないわけでやす。

製本にかかるお値段は、頁数やカラーにするか白黒にするかケースを付けるかいなかによっても変わってきやすがあっしの場合、一冊7000円ちょっとでやすね。
初期の頃は三冊作ってやしたが、最近は二冊にしてやす。
だから、決してお安くはないでやすね。
あと、残念な点は、レイアウトがパソコン上の画面と同じにはならないところでやすね。
まあこれは、縦横の比率が違うから致し方ないでやすね。
この点を納得の上であれば、製本する価値 大だとあっしは思ってやす。
表紙、お誉めくださりありがとうございやす。
表紙デザインの選択肢はびっくりするくらいたくさんあって、あっしは硬質な雰囲気が好きなので、迷わずこのデザインにしやした。

ブログそのものを今年いっぱいで辞めてしまうわけではないので、みなさん、これからもお付き合いいただけると 嬉しゅうございやす。
ただ、上記のようにSo-netもこれからどうなるか分からないし、あっし自身も明日の運命は分からないので、そういう覚悟の上でブログ続けてやす、ということで、、、
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-07 12:56) 

ackylacky

もう十年になるのですね。
私が知ったころは、よく俳句や川柳を書かれていて、興味深く読ませてもらってました。近年の俳句ブームを先取りしていたようでもあります。
しかし、一番のびっくりしたのは、男性だと思っていたぼんぼちさんが女性だったことですね。

by ackylacky (2019-07-07 17:27) 

向日葵

10冊!!素晴らしい!!
一区切りですね!!

あと半年、なんて仰らずに、あくまで「区切り」にして、
まだまだあと何年でも続けて下さい。

そのぼんぼちさんのブログの製本されたのを、
もし「欲しいのですが。。」とお願いしたらどうなるの
でしょうか・・??

by 向日葵 (2019-07-07 17:51) 

こじろう

そう言えば,ずっと製本されてるんだったな。
10冊かぁ~凄いなぁ(*´ω`)
by こじろう (2019-07-07 19:09) 

ぷち

製本いいですね。パソコンの画面で見るのと本で見るのとは
また違った雰囲気にもなりますし、私も考えます。
by ぷち (2019-07-07 20:42) 

olived

製本して形にしておくのは良いですね。
後に見返したりして懐かしむことができますし。
by olived (2019-07-07 20:51) 

RANPO

ブログは、まさに自分史ですね。
この記述を拝読し、挑戦してみたいと思うようになりました[exclamation]
by RANPO (2019-07-07 20:57) 

センニン

こんばんは。
考えたことはあるのですが、まだやったことはありません。
容量がいっぱいになる頃には二番目を始めなければならないのでそれがタイミングかなと考えています。
by センニン (2019-07-07 21:07) 

50oyaji

すごいですね!!
私は製本できるまでの記事投稿が続けられるか・・・(;´∀`)
by 50oyaji (2019-07-07 21:19) 

エンジェル

ぼんぼちさんのお誕生日は私の母と同じです(*^-^)それとミニーのうちの子記念日でもあります!!
ブログすでに9年続いているのですね。私はアニー(現在9歳)が来る直前から始めたのでちょっと先輩かな。製本はしていません。CDなどに取り込みたいのですが、なかなかやる暇がなくて・・・ブログって今や自分史のようになっています。なので製本するのも悪くないかと思います!!
by エンジェル (2019-07-07 21:36) 

ChatBleu

いいですね。ぼんぼちさんくらいの内容でしっかり書いていれば、製本するだけでなく、自費出版も行けそうな気がします。
私はブログは気楽に書きたかったので、製本は考えてなかったのですが、ちゃんと製本に向けて物書きするのもいいなぁとちょっと思いました。
by ChatBleu (2019-07-07 21:44) 

たじまーる

ソネブロもいつなくなるか分かりませんので
製本されて残すことはとても良いことだと思います(*´∇`*)
by たじまーる (2019-07-07 22:40) 

そらへい

ブログの製本、9冊溜まりましたか。
凄いですね。
私も一時考えたことがありますが
それっきりになっています。
by そらへい (2019-07-07 22:45) 

Ja-Kou66

いわゆる自伝でもありますよね^^
まとめて残すのって、すごく良いと思います。
個人的にはPCで開くよりも、やっぱり紙を開くが簡単です。
製本もー・・・とも思いますが、自分のは今さら&記事が長いので
今からやるには気力と財力(笑)が必要だな・・・。
表紙が単行本の表紙みたいです。
by Ja-Kou66 (2019-07-08 00:00) 

Rchoose19

自分史ですね。
とてもいい記念になりますね。
自分も昔の記事、何を書いていたか忘れちゃってるけれども、
思い出したくないこともあったり、なかったり^^;

by Rchoose19 (2019-07-08 07:57) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

過去記事、ネットの画面で観るのと紙を捲って観るのでは、やはり受ける印象が違いやすね。
同じ内容を書いても、やはり紙のほうが柔らかくて文学的な印象になるな、と。
それを昔 強く説かれていたのが、安部公房先生で、まだマイコンとかそれくらいの時代だったと思うのでやすが、
安部先生が今もご存命だったら、ネット上での読み物のみならず このネット文化全体をどう考察されていたか とても興味がありやす。

そうでやす、初期の頃は短歌、それから少しして俳句や川柳を公開してやしたね。
短歌は、ブログを始める何年か前に専門誌を買ったりして何年間か勉強していて、その時に作り貯めた歌が五十首くらいあったんでやす。
で、それを小出しにしながら新作も作っていた っていう形でやすね。
俳句・川柳は、短歌を作る者が俳句・川柳を一つもつくらないのもおかしな話だろうって思いが自然と出てきて、作るようになりやした。

いかにも男性が書いているに違いないって思われるような「あっし、〜でやす」調で書いている理由は、、、
ブログを始める前は、匿名掲示板で、女性の生き方や嗜好についての意見を真面目に真剣に書き込んだりしていたのでやすが、
100%の確率で「女性はそういうものの考えかたはしないものです。アナタの正体が男だということはみんなすっかりお見通しです。だからもう、女性のふりして書き込むのやめてください」とか「ネカマ来るな!」とかって追い出されてきていたのでやす。
だから、ブログを始めるにあたって、男性であろうと思われる「あっし、〜でやす」調で書いたらどのくらいの人が女性だと見抜けるかな?と思いやして、、、

そういった点からもブログってほんとうにいいでやすね。
自分が女性であると明かしてから自分の本音をいくら吐いても、「女性がそんな物の考えするはずない!」って叩かれないから。
まさに自分の世界、自分史、長年吐露したくてもできなかったことの大放出、あっしはどれほどブログという存在に救われたか、、、!

製本したものを人様にお分けすることは、、、考えてやせん。
あくまであっし自身の記念・記録という意味なので。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-08 13:54) 

ヤッペママ

記念に記録として…良い事ですね。

by ヤッペママ (2019-07-08 19:55) 

八犬伝

へええ~
いいなあ、こういう方法。
考えてみるかな。
by 八犬伝 (2019-07-08 21:33) 

hana2019

ブログの製本やってみたいと思いつつ・・・実際に作ったら、自分が一番楽しめそうですね♪
by hana2019 (2019-07-08 22:46) 

sakamono

やっぱり「本」という形になっていると、ネット上で公開した
文章と違った、感慨深いモノがあるように思います。
文章は本の形で読みたいですものねぇ。
私もたまに、昔の記事を読み返したりします。
おもしろいです^^;。
by sakamono (2019-07-08 23:09) 

yuppie

すごくいいと思います!
ぼんぼちさんのブログは、
エッセイのような、ちゃんとした
本みたいに思えそうな予感がします(ノ゚▽゚)ノ☆

by yuppie (2019-07-09 00:05) 

moz

製本なんですね ^^
しかも9冊目で次は区切りの10冊目 b^^
特別記念特大号でしょうか !!
昔書いたものって後で読み返すと少しはずかしい気がしますが、それでもあんなことやこんなことを思い出すし、とても楽しいと思います。ぜひぜひ20冊も30冊も ^^
by moz (2019-07-09 05:55) 

よしころん

なるほど、そういう方法がありましたか。
ネット上の色々なサービスも採算のとれないものはどんどん終了になっていて、ソネブロもいつそうなるかな…
数年前から思ってはいたのですが、これはよいですね^^
注文日が発行日。覚えておかないと!
by よしころん (2019-07-09 09:38) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

仰るとおり、ほんとうに良い記念&記録になってやす。
そして、自分自身が一番の読者でやすね。
やはり自分が書いたものって、自分の分身みたいなものだから愛着ありやすね。
で、やっぱ、昔書いたものは、ちょっと気恥ずかしい記事も多いでやすね。
あっしの場合、すごく「名文を書くんだ!」とか「いかに文学的に結をつけるか」と鎧をまとってしまっていやした。
勿論それはそれで文章として成立はしているし、それが当時のあっしだったわけでやすが、
今だったらこういう文章は書かないなあ、というのはありやすね。
今は、何が何でも書きたいことはすでに書き了えてきた というのと、文章を書くことに慣れてきた という理由から、余裕を持って力の抜けた文章を書いてやすね。

みなさんも、お気がむかれたら、製本なさってみてくだされ!
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-09 13:02) 

kuwachan

一冊の本になるって素敵ですね!
旅行記だけでもそうしようかなと思いつつ、
なかなか踏み切れないでいます。

by kuwachan (2019-07-09 17:22) 

ぼんぼちぼちぼち

kuwachanさん

kuwachanさんの旅行記は、お写真もとても綺麗だから 素敵な本になるとお察ししやす。
お気が向かれたら是非 製本なすってみられてくだされ。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-10 14:04) 

yokomi

 わっ、凄い(^_^;) まね出来ないなぁ(>_<)
by yokomi (2019-07-10 17:42) 

ぼんぼちぼちぼち

yokomiさん

いえいえ、ポチッとやれば、誰でも注文製本できちゃいやすよん。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-11 13:45) 

mimimomo

一年に一回と言う製本の仕方もあるのですね~
今更遅いけれど(;、;
by mimimomo (2019-07-12 06:34) 

garden

ブログ楽しみにしています。
私も、最近は気が向いたとき更新するくらいです。
そんな感じで、 ぼんぼちぼちぼちさんも続けてください。
by garden (2019-07-12 09:37) 

ぼんぼちぼちぼち

mimimomoさん

へい、あっしは何の迷いもなく、一年分づつって思いやしたね。
ブログ始めたと同時くらいから、本に出来るサービスもあると知って、絶対やろう!と考えてやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-12 13:50) 

ぼんぼちぼちぼち

gardenさん

へい、今のところ 具体的にやめようという気持ちはないので、続けてゆきやすよん!
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-12 13:52) 

coco030705

ブログ製本、いいですね。私も一度やってみようかな。冊子として残るのはいいことですね。
by coco030705 (2019-07-12 21:48) 

ぼんぼちぼちぼち

coco030705さん

是非 製本されてみてくだされ!
紙になったものを捲るのは、ネットとはまた違った感慨がありやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-12 22:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。