THE BAWDIES(ザ ボゥディーズ)--PV--  [感想文]

長年 美術を生業としてきた私は、やはり映像に関しても、いわゆる「アート系」と呼ばれるものに おのずと 強く吸引されます。
アート系映像作品には、劇映画もあれば短編の実験モノもありますが、ミュージシャンのビデオクリップの中にも それを発見することがしばしばあります。

前回記事「嗜好に関する自問」でも取り上げた、今現在その実力のほどを裏打ちするように 全国区的人気を確実に獲得しつつある 日本のロックンロールバンド THE BAWDIES(ザ ボゥディーズ)のPVぼうでいず1.jpg諸作品にも、私は 非常に優れたアート性を感じています。

中でも 私が最も魂を奪われたのは「IT'S TОО LATE」です。
明度の高いほぼ無彩色の空間の中、演奏するメンバーに ピンクの絵の具のショットが交差し重なり メンバーがそれぞれ絵の具を浴びる という画です。
せつなげな音の中に、時として ピンクの液体は、スローモーションで移動したり逆まわしにせり上がったりします。
他の部分に対しての 濃すぎも薄すぎもしないピンクのころあいが 実に絶妙に計算し尽くされ、スローモーション・逆まわしの効果は、かのリーフェンシュタールの映像理論を思い起こし うなづかずにはおれないものがあります。

その次に私が 呼吸をするのも忘れて引き込まれてしまうのは、「HОT DОG」です。
「気がついたら 髪の先から爪の先まで踊り出しちゃってたよ!」というほどゴキゲンなアップテンポの楽曲にノッて、彩度の高いアルファベットと様々な大きさ・動きのメンバーが、それはもうめくるめくスピードで次々と現れ ズームしパンし回転します。
その画の情報量たるや大変なもので、画コンテは何頁に及んだのだろう?!と思い馳せる度に、私は 画面の中のボーカルRОYさんに合わせて「ワオ!!」と 感嘆の声を唸り上げてしまいます。

ぼうでいず2.jpg「JUST BE CООL」も見逃せません。
一つの建物の中をめぐり登るRОYさんをハンディが追い、向かう先々に、他のメンバーや美女達が 演奏していたり のんびりチェスや読書にふけっていたり カメラをかまえていたり というものです。
私は最初 何気なく本編を観たときは、てっきり 現代(いま)の技術でもって 巧くつないでワンショットに見せかけているのだろう と思ったのですが、メイキングにより、なんと これが本当にワンショットで撮られていることが解ります。
RОYさん以外の人達は皆、タイミングを見計らい キャメラをかすめてパタパタと階段を駆け上り ずーーっと前からそこに居た顔をしてポーズをとっていたわけです。
現代(いま)、あえてアナログ手法で撮ることの面白さを再発見させてくれる 楽しい作品です。

他にも、飛行機を使った インディーズ時代の「I'M IN LОVE WITH YОU」も、特別 変わった手法を用いているわけではないのだけれど バランス良くまとまっていて、これも 何度も繰り返し観入ってしまいます。

私は、こうしてBAWDIESのビデオクリップを観る毎に それらを集めたDVDは出ないものだろうか と思い続けていました。
-----と、先日、今月9月の14日に「KEEP ОN MОVIE」というタイトルでもって発売されることを知りました。
アート色溢るる映像の数々を次から次へと上質の画質で堪能できる日が 待ち遠しくてなりません。


ぼうでいず3.jpg


タグ:PV THE BAWDIES
nice!(385)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 385

コメント 31

muzik

MTVから始まったロックアーティストのPVはホントに多士済々ですね。
ナイキのディレクターを起用したり、超有名映画監督を使ったり
最近はそれ専門の優秀な方々がエフェクトを駆使して編集しているみたいで
テクありきなのか、曲コンセプトなのか、よくわからなくなってます。

いまはパソコンでソフトさえあればチョコチョコと、それなりのモノができますので
ボーディーズのヤツはスピード感が売りですので、コントラストを強めたり
かなり個性的ですね、しかしこーいうのが売れないのが、情けないところです。
by muzik (2011-09-03 09:41) 

rtfk

そのDVDをぜひ鑑賞してみたいです^^)
by rtfk (2011-09-03 10:03) 

Huck_Finn

THE BAWDIES
全然知りませんでした。
最近のはまったくわからないので。。。

なかなか骨のある、スカッとしたバンドですね。
おっしゃるように声がいい。
日本のバンドとは思えない。
最近は、実力のあるバンド、いっぱいいますね。
by Huck_Finn (2011-09-03 10:48) 

きょん

音楽に疎いもので、THE BAWDIESというバンド初めて知りました(^^;
PV画像、面白そうですね。見てみたいです。
by きょん (2011-09-03 11:21) 

ぼんぼちぼちぼち

muzik さん

おはようございやす。
今回もさっそくのコメント ありがとでやす・ぺこりっ。

超有名映画監督を使ったもので あっしがまっ先に思い浮かぶのは
「アナザー・カインド・オブ・ラブ」でやす。
(歌・主演のミュージシャンは、ヒュー・コーンウェルとありやしたが
有名な人なんでやせうか?)
このビデオクリップは、何と チェコアニメーションの巨匠・ヤン・シュヴァンクマイエルが監督してるんでやす。
クレイアニメ、オブジャクトアニメ、ピクシレーションと さまざまな技法が アップテンポの曲に乗って展開するのが 何度観ても楽しいでやす。

また、正確にはビデオクリップではないでやすが、
ビートルズの「イエローサブマリン」。
複数のイラストレーター、アニメーターのめくるめく夢の競演!といった面白さがありやすね。
で、当時 日本では、ビートルズの映画に強く影響を受けて さまざまなGS映画が創られたわけでやすが
実写の劇映画は幾多あれど、ああいったアニメーション物は無いでやすね。
及川さんとか宇野さんとか、いろんなイラストレーター集めて一作くらい作ってもよかったのに・・・
と、勝手な一観客としての愚痴を言ってしまいやしたが
やっぱ、あーいうのは、当時 日本人には一般受けしない って結論くだされちゃったんでやしょーか?
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-03 11:25) 

ぼんぼちぼちぼち

rtfk さん
きょんさん

ゆーちゅーぶにボウディーズの公式動画が出てて
そこでかなり観ることができやす(◎o◎)b
あと、DVDで初公開となるPVもあるそうでやす。

映像においての嗜好も人それぞれあれど、
特に「HОT DОG」のあたりは 誰もが楽しいなーと感じるのものだと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-03 11:40) 

ぼんぼちぼちぼち

Huck_Finn さん

そう、何の前情報もなく聴いたら、誰もが日本のバンドだとは思わないでやすよね。
そして「骨がある」って感じやすね。
インタビューにてRОYさんが「自分達が土台としたいと思った時代の音楽以外は あえて一切聴かない時期を作った」と話しておられたのを聞いて
あ、なるほどー と思いやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-03 11:54) 

rantan-nya

BAWDIES、J-waveでよくかかるので好きになりました!
ブルースっぽいのか、ロックなのか、わかりませんけど、好きな曲調ですし
声がさらに好きですね~
PVは見たことないので、要チェックですね!
by rantan-nya (2011-09-03 17:56) 

ぼんぼちぼちぼち

rantan-nya さん

おぉ! rantan-nyaさん もお好きでやすか!
ご本人達は、ロックンロールバンドと呼ばれることを最も相応しいと認識しておられるようでやすし
あっしも ロックンロール と思いやす(◎o◎)b

まぁ、こういう例えが適切なのかどうか解りやせんが
ブルースがおたまじゃくしでロックが蛙だとすると
尻尾の痕跡を大きく遺した蛙 みたいな。

あっしは 音楽には疎いながらも 洋楽でもそういうのが好きで
初期のストーンズ 12×5 とか(◎o◎)b

PV、映像の学校のテキストに使ってもいいかもね ってくらい秀逸でやす。

by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-03 20:02) 

elm

こんばんは、ぼんほちさん。
前回から、ぼんぼちさんがあまりに勧めるので、
BAWDIES、 YouTube で観て聴いてみました。
私は、音楽のことも映像のこともわかりませんが、
「I'M IN LОVE WITH YОU」は、懐かしいなあ、
60年代?の恋の感じがするなあ、と思いました。
一番いいなあと思ったのは、やはり
「HОT DОG」で、うきうきしますね。
by elm (2011-09-03 21:44) 

般若坊

新ブログ準備できました。お越しをお待ちしています。
by 般若坊 (2011-09-04 09:58) 

ぼんぼちぼちぼち

elm さん

おはようございやす(◎o◎)/

「I'M IN LОVE WITH YОU」 まさに、60年代の恋 って感じでやすね(◎o◎)b
ホンワカした気持ちになりやすね。

「HОT DОG」色彩も ちっちゃいメンバーがそこここに現れるのも楽しいでやすよね(◎o◎)b

どちらの作品も、特にラストのキメかたが最高だなーと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-04 11:17) 

ぼんぼちぼちぼち

般若坊さん

新ブログも とても素敵な雰囲気でやすね\(◎o◎)/
これからも楽しみにしておりやす♪
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-04 11:19) 

ちくわ

THE BAWDIESの、
最新アルバム『LIVE THE LIFE I LOVE』買っちゃいまして、
今日入手しました。
これから聴きます!

by ちくわ (2011-09-04 21:10) 

ぼんぼちぼちぼち

ちくわさん

おぉっっ! 買われやしたか!!
いつか 感想聞かせていただけたら嬉しーでやすっ。
あっしは「YEAH」が一番好きでやす(◎o◎)b
この曲は、今度発売されるDVDにもPV入るそうでやすね♪
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-04 21:19) 

みぃにゃん

はじめまして! ご訪問ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします<m(__)m>
by みぃにゃん (2011-09-04 23:01) 

k_iga

芸大出た従姉妹が描いた大きな鷲の油絵に「足の大きさが変」などと
言っちゃった私にはアートはムズカシイです。
by k_iga (2011-09-04 23:43) 

あばれスピア

こんばんは。
THE BAWDIESのPV、私も見てみたいです。
by あばれスピア (2011-09-04 23:49) 

ぼんぼちぼちぼち

みぃにゃんさん

こちらこそよろしくでやすっ(◎o◎)/
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-05 11:44) 

ぼんぼちぼちぼち

k_iga さん

そうでやしたか。
その従姉妹さん どんなリアクションされたのでやせうか?

人間のサギに出くわしたときに「この人 変」って瞬時に解れば
そういう能力のほうが 生きてて役に立つと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-05 11:53) 

ぼんぼちぼちぼち

あばれスピア さん

へい、是非 観てみられてくださいでやす♪
あっしが今回の記事中で挙げた以外にも 楽しい作品が幾つもありやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-05 11:59) 

masalin6412

お久しぶりです!
これからもよろしくお願い致します!
過去ブログはゆっくり訪問させて頂きます!
by masalin6412 (2011-09-05 18:42) 

ぼんぼちぼちぼち

masalin6412 さん

お久しぶりでやす、こちらこそよろしくでやす(◎o◎)/
過去記事も観ていただけるとは 恐縮でやす・ぺこりっ。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-05 23:26) 

sig

こんばんは。
センスのいいビデオクリップを見ると、じっとしていられなくなりますね。
ぼんぼちさんも、ぜひ。
by sig (2011-09-06 23:52) 

ぼんぼちぼちぼち

sig さん

こんばんはでやす(◎o◎)/
それって、ぼんぼちも撮ってみるのどう?ってことでやすか・・・(◎o◎:?
あっしは、小生意気な講釈たれてやすが、所詮、映像は素人なもので 機材に疎くて・・・f(◎o◎)
画コンテまでは描けやすが・・・・
あ!キャメラは sig さんにお願いすればいいでやすねo(◎o◎)o

by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-07 00:25) 

NO NAME

Hello there! I could have sworn I’ve been to this web site prior to but soon after searching by way of a few of the submit I recognized it is new to me. Anyways, I’m undoubtedly pleased I discovered it and I’ll be book-marking and checking back again regularly!

by NO NAME (2011-09-09 05:51) 

tateichi_m

’60年代カルチャーを強く意識した、他に類を見ないBAWDIESの隙のないサウンドとルックスの個性的なプロモーションは最高です。
by tateichi_m (2011-09-09 20:37) 

ぼんぼちぼちぼち

tateichi_mさん

秘かにお待ちしておりやした。
tateichi_mさんにいらしていただけて とても嬉しいでやす・ぺこりっ。
ひとつ前の記事のmuzikさんのコメントへのお返事欄にも書かせていただいたように
音楽に疎いあっしは、tateichi_mさんのブログをきっかけに ボウディーズを知ったわけで
非常に感謝しておりやす。
リアルタイムで活躍するミュージシャンの音に惚れ込んだのは 初めてでやす。
今では、ボウディーズのCD、DVD、書籍、全て買いそろえるほどのファンになってしまいやしたf(◎o◎)

「I'M IN LОVE WITH YОU」’60年代カルチャーの匂いが特に強くしやすね♪
そして「IT'S TОО LATE」の映像のセンスには 何度観てもため息が出やすね(◎o◎)b


by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-09 23:39) 

ぼんぼちぼちぼち

Dear Mr. NO MAME

I'm glad to visit my site.
Thank you very much.


by ぼんぼちぼちぼち (2011-09-10 21:07) 

NO NAME

新曲Rock Me BabyのPvも最高です(^w^)
royのピンク色の唇taxmanのちょいサメの動いちゃうのmarcyのオツムJimのヨッシャ~可愛くてかっこ良過ぎです(≧∇≦)
by NO NAME (2012-02-28 00:11) 

ぼんぼちぼちぼち

NO NAME さん

RОCK МE BABY、メンバー全員がマネキンになりやしたね。
カッコ良かったでやすね。
ジャケ写にもなっている赤いカーテンが効いてやしたね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2012-02-29 13:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0